SUUMO スーモカウンター 新築マンション

マンション購入のお金の疑問を聞いてみよう! マンションの相場ってどれくらいなの? ローンっていくら借りられるの?

住宅は一生の中でも、大きな決断が必要な高額な買い物…

はじめての住宅購入を失敗しないためにも、お金の疑問や悩みを解決していきましょう!

新築マンションの相場っていくらくらいなの?

新築マンションの価格相場って、いくらぐらいなんですか?

価格相場はエリアによって大きく異なります。最近では特に都心部と郊外での価格差が開いてきているのが特徴です。

関東

関西

東海

今、住んでいるエリアでマンションを買いたかったけど、相場感結構高いんですね、、、

エリアで見ると高く感じるかもしれませんが、1駅違うだけでも相場が大きく変わることがあるので、細かい単位で相場を知ることも重要です。

他にも何か知っておいた方がいいことはありますか?

1番大事なのは部屋ごとの価格を把握することです。たとえば同じマンションでも階数が違うだけで500万円も販売価格が異なることもあります。

でも、インターネットで見ても、部屋ごとの価格が分からないケースが多いです…。

確かにインターネットでは部屋ごとの価格が公開されていることは多くありません。

ただしスーモカウンターでは、物件によっては部屋ごとの価格や販売状況もお伝えさせていただくことが可能ですので、希望のマンションに出会えるかもしれません。

部屋別価格イメージ 101号室:販売期間外 102号室:2LDK 60平米 3,600万円 103号室:2LDK 60平米 3,650万円 201号室:3LDK 70平米 4,300万円 101号室:契約済み

ポイント

新築マンションはエリアの相場を把握するだけでなく、物件の部屋毎の価格も知ることが重要。 スーモカウンターで具体的な金額を聞いてみよう。 ※価格が未決定の場合など金額をお伝えできないこともあります。

参加費¥0

まずはお気軽にご相談ください!

ローンっていくら借りられるの?

僕の年収だと、いくらぐらいのローンが組めるんですか?

家族構成や年収にもよりますが、一般的に住宅ローンの年間返済額は、年収の25%以内が安心ラインと言われています。

年収からみる借入額の目安表 税込年収300万円:借入額(目安)2,040万円 税込年収400万円:借入額(目安)2,720万円 税込年収500万円:借入額(目安)3,400万円 税込年収600万円:借入額(目安)4,080万円 税込年収700万円:借入額(目安)4,760万円 ※返済負担率(年間返済額が年収に占める割合)25%、住宅ローン 金利1.5%、35年返済、元利均等、ボーナス時加算なしの条件で 試算。条件によっては表記の金額を借りられないケースもある

結構借りられるんですね!住宅ローンを組む時の注意点はありますか?

住宅ローンを組むにあたっては、金利タイプには「固定型」「変動型」の2タイプがあることを理解しておくことが大事です。

全期間固定型のメリット:市場の金利が上がっても返済額は完済まで一定 全期間固定型のデメリット:変動金利に比べ借入時の金利が高め 変動型のメリット:固定金利に比べ借入時の金利が低め 変動型のデメリット:金利上昇リスクあり。一般的に金利は半年ごと返済額は5年ごとに見直される

市況や将来の年収、貯蓄によっても「変動型」「固定型」どちらを選ぶのが良いかは変わってくるので、自分にあった金利タイプが何なのかを見極めて選択することが重要です。

具体的に、僕の場合だったら住宅ローンをどう組めばいいんですか?

家族の人数や家計の状況によっても住宅ローンの組み方は変わってくるので専門家に相談することをお勧めします。

スーモカウンターではファイナンシャルプランナーとの無料相談もできるので、ライフプランを意識した資金計画も立てることができます。

ポイント

住宅ローンは複雑で組み方を考えるのは大変なもの。 自分に合ったローンの組み方をプロに相談してみよう。

参加費¥0

まずはお気軽にご相談ください!

今って買い時なの?

今ってマンションは買い時なんですか?

現在は住宅ローンが低金利の状態が続いており、金利という面ではお買い得感が高まってきています。

民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)平成30年3月 変動金利型:年3.30% 固定金利期間選択型(3年):年2.90% 固定金利期間選択型(10年):年2.475% ※主要都市銀行のHP等により集計した金利(中央値)を掲載。なお、変動金利は昭和59年以降、固定金利期間選択型(3年)の金利は平成7年以降、固定金利期間選択型(10年)の金利は平成9年以降のデータを掲載。※このグラフは過去の住宅ローン金利の推移を示したものであり、将来の金利動向を約束あるいは予測するものではありません。 出典元:住宅金融支援機構

金利の違いによる資金シュミレーション 借入金:4000万円 金利:1.4% 毎月返済額:12万552円 総返済5061万円9240円 借入金:4000万円 金利:2.4% 毎月返済額:14万863円 総返済5916万円2460円 ※35年固定、ボーナス返済なしの場合

金利が1%違うだけでも、かなり返済額が変わるんですね。

そうですね。
マンション購入の際には物件の販売価格だけではなく、ローンの金利も含めて買い時かどうかを判断することが重要です。

賃貸でもいいかなって考えていたんですが、みんな何を基準に購入を決断しているんですか?

結婚や出産を機に住宅購入をされる方も多いですが、2019年に消費税が10%に引き上げられることが予定されているので、それまでに購入をしたいと考えている方も多いです。

スーモカウンターでは様々なお客様の購入事例をお話しできるので、自分と似た環境の方がどのような決断をしたのかを知ると、検討の参考になるかもしれません。

ポイント

現在は低金利ということでお買い得感が高まってきているが家を買うべきタイミングは人それぞれ。 スーモカウンターで自分がいつ家を買うべきなのかを聞いてみよう。

参加費¥0

まずはお気軽にご相談ください!

スーモカウンターなら住まい探しのプロに気軽に質問や相談ができます顧客満足度97.2%

顧客満足度97.2%

  1. 特徴1.知識豊富なアドバイザー

    マンション探しに精通したアドバイザーが、住まい探しのお手伝いをしています。マンションに関する多くの試験を実施し、合格した者だけがアドバイザーとして認定されています。

  2. 特徴2.完全無料!

    スーモカウンターが提供するサービスはすべてが無料です。また、スーモカウンター経由でマンションの契約を行っても後から仲介料や手数料が上乗せされることはございません。ご安心してご利用ください。

  3. 特徴3.物件の紹介も可能

    希望されるお客様に対しては、ご要望に沿った物件を紹介いたします。
    ご紹介した物件がお客様の希望に合わなかった場合は、スーモカウンターがお断りの代行をすることも可能です。

カウンター利用者の声 ※実際のお客様の声を抜粋しています

参加費¥0

まずはお気軽にご相談ください!

よくあるご質問

お悩み別講座のご案内