フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

建て替えで手に入れた猫3匹と安心して快適に暮らせる耐震性・断熱性の高い住まい

f:id:mucchiononta:20190405093110j:plain

築40年を過ぎた夫の実家に戻って暮らし始め、耐震性の不安と冬の寒さに困っていたFさん。猫3匹だけで留守番のときも、地震におびえることのない暮らしをと願った家づくりの過程と、住み心地についてお話を伺いました

目次

モデルハウス見学だけではイメージが湧かない。建物以外の費用も見当がつかないから相談を

実家を離れて暮らしていたFさん。ご両親を見送った後、築40年を過ぎた東京都の実家に戻ってきて暮らすことになり、まず気になったのが耐震性の不安だったそう。

「そもそも地盤が弱いのか、家の前の道路を軽トラックが通っただけで食器棚がカタカタ揺れる。古い家で断熱性も低く、冬はとにかく寒いので、近いうちに建て替えに踏み切らなくてはと考えていました」

そんな中、住宅展示場に足を運んでみたものの「豪華につくられたモデルハウスを見るだけでは現実的なイメージが湧かない。建物にかかる費用はだいたい想像がついても、建て替えとなると、解体工事や仮住まいなど付帯する費用がどれくらいになるのか見当がつかないんですよね」

これは相談相手が必要だと思い、「テレビCMで知っていたスーモカウンターに行ってみることにしました」

f:id:mucchiononta:20190405093150j:plain

「考えること、決めることが膨大にある家づくり。建築会社以外に、第三者としてのアドバイスをくれる相談相手がいることはとても心強かったです」とFさん

耐震性に優れた、無駄のない3階建てを。見積もり表を自分で加工して比較検討

スーモカウンターでは、まず建て替えに必要となる費用について相談。「仮住まいを含めたダンドリやスケジュールを具体的に示してもらえて、わからなかったこと、知りたかったことはほぼ解決。さらに建物以外にかかる費用感をつかむことができました」

その上で、自分たちの希望や予算に合いそうな建築会社の紹介を依頼。「まずは予算内で建てられることを第一条件として、耐震性に優れた『耐震等級3』の構造であること、3階建てで限られた面積を無駄なく活かすこと、猫たちにとっても居心地のいい家であることなどの希望を挙げ、実現できそうな会社を紹介してもらいました」

スーモカウンターから紹介されたのは4社。各社に同じ条件を伝えて概算見積もりとラフプランをもらい、比較検討。見積もりは会社によって書式や項目名が異なるため、自分で表計算ソフトを使って統一し、比較しやすく加工したという熱の入れようです。

こうして、見積もり金額が突出して高い1社を除くと、3社は甲乙つけがたかったそうですが、選んだ1社は、最も規模が小さい工務店。

「社長が現場で経験を積んだ人で、この社長と直接やりとりができるので、何ができる・できないという話が早い。しかも、社長自身も猫を飼っているので、猫の気持ちを考えた家を建ててくれることも決め手のひとつになりました」

耐震性の高い構造にしたことで猫たちにとっても居心地のいい家に

運命の建築会社を見つけて契約し、プランニングを進めていったFさん。「まずは耐震性の高い家であること。その上で、限られた敷地の中でもできるだけ広いリビング・ダイニングにすること。猫が好きなときに好きな場所でくつろげる家にすることを希望しました」

そして完成したのが、2階のLDKを中心とした3階建ての住まい。依頼した会社の家は、法規上必要とされる耐力壁に加え、建物の外壁面すべてに構造用合板を張ってより強固な建物とするのが特徴です。

実際、完成した家で暮らしてみると「建て替え前の家で気になっていたような、前の道路を軽トラックが通るだけで振動を感じるようなこともなくなった」のだそう。耐震性への不安は払拭され、安心できる住まいとなりました。

耐震性の高い住まいは、猫にとってうれしいことも。「壁がとても厚いことで、窓枠が猫の居場所になりました。リビングでは、窓枠にキャットウォーク代わりのカウンターを追加して出窓風にしたのですが、窓枠自体も奥行きがたっぷりあって、猫がくつろぐのに十分な広さ。これはうれしい誤算でした」

f:id:mucchiononta:20190405093250j:plain

リビングの窓枠の下にカウンターを設け、猫が外を見て過ごせるスペースに。カウンターの下には薄型の棚を置き、本やCDなど奥行きの浅いものを収納しています

f:id:mucchiononta:20190405093304j:plain

リビングの床から1段高い、小上がりの畳コーナー。耐震性に優れた構造のため、壁が厚く、カウンターを設けていない窓枠も、猫が座ってくつろぐのに十分な奥行きがあります

猫が家中を自由に歩き回って好きな場所でくつろげる住まいに

Fさんの家には、猫と楽しく暮らすための工夫がいっぱい。

すべての室内ドアを、猫が自由に出入りできるペットドアにしたこともそのひとつ。ドアを閉めた状態でも猫が通れる状態になったため、猫がいちいちドアを開けてと人に頼まなくても、また人もわざわざドアを開けるために立ち上がらなくてもすみ、お互いに快適。猫のためにドアを開けっ放しにして冷暖房効率を下げることもありません。

また、2階のトイレ前の洗面台の下をオープンにして、そこを猫のトイレ置き場にしたのも便利。トイレの片付けをした後にすぐ手を洗うのにも便利です。

また、洗面台の場所は将来、洗濯機置き場にすることも視野に入れて設計。現在は1階の浴室近くに洗濯機を置いていますが、将来もし階段の上り下りが大変になったら、簡単なリフォームでここを洗濯機置き場にできます。

f:id:mucchiononta:20190405093351j:plain

猫が自由に出入りできるペットドア。猫たちは、人の手を借りずに部屋の間を行ったり来たりし、自由に気ままな生活ができるようになりました

f:id:mucchiononta:20190405093406j:plain

トイレの手前の洗面台は下をオープンにし、猫用トイレを設置。トイレの片付けをした後、手を洗いやすいという便利さも

家族そろっての夕食も増えて、広く快適になった家を満喫

 3階建てにして広くなった住まいでは、収納もたっぷりと用意し、家事効率をアップ。キッチンの横に大容量のパントリーを用意することで、食料品もたっぷりストックすることができるようになりました。

f:id:mucchiononta:20190405093427j:plain

キッチンの横には大容量のパントリーを設置。食料品のほか、生活用品のストック、防災グッズなど、たっぷりとしまうことができます
Fさんは、編集業の自営業を営むにあたり、近くに事務所を構えていましたが、家が広くなったため、事務所を引き上げ自宅で仕事ができるように。「リビング・ダイニングが広くなったこともあり、自然と家族が集まってきます。以前の家よりも、家族そろっての夕食が増えました」とFさん。安心・快適なわが家を、猫3匹を含めた家族全員が満喫しています。

 

取材・文:前川ミチコ 写真:大竹ひかる
DATA

f:id:mucchiononta:20190405093432j:plain

土地面積 74
延床面積 105
建築費 3000万〜3500万円以内
間取り 3LDK
世帯構成 夫(50代)妻(50代)長女(30代)長男(20代)猫3匹
スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター 新宿西口店
紹介された建築会社数 4社
受けたサービス 「建替え」講座、個別相談