フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

2000万円台

建物にかかった費用が2000万円台の実例

ヒノキの梁が清々しい、ロフト付きの平屋

休日に何気なく住宅展示場へ行き、気になる平屋を見学したことで、「新築したらより楽しく暮らせそうだね」と話し合う機会ができたFさん夫妻。「いろいろな建築会社による平屋を見てみたい」と思い、スーモカウンターへ足を運んだ 住宅展示場を訪れて、「も…

ふたりの夢の「ケーキ屋さん」を、兼用住宅建築からスタート!

まるでおしゃれなカフェのようにスタイリッシュなM邸。「いつか一緒にケーキ屋をやりたい」というMさん夫妻が、妻の実家にほど近い奈良県大和高田市に店舗兼用住宅を建て、夢の実現に向けて確かな一歩を踏み出しました 「家を建てる」でネット検索し、スー…

むく床と漆喰仕上げの、自然素材が心地いい家

「いつかは戸建てが欲しいけれど、まだまだ先」と考えてアパート暮らしをしていたSさん夫妻。妻の祖父が愛知県蒲郡市の土地を売却することになり、「身内の誰かが買ってくれたら……」という話がでたことで、新築の話が動き出した 妻の母の実家があった、祖父…

駅から近い便利な家に友人たちを招いて一緒に料理とお酒を楽しめる暮らし

今は遠くに住んでいる親を呼んで、いつかは二世帯住宅で暮らしたいと考えていたNさん。住宅ローンの返済スタートは少しでも早いほうがいいと考えて、40歳を目前に家づくりを決心した。スーモカウンターで納得できる建築会社を見つけ、友人が遊びに来やすい…

介護が必要になったとしてもリフォームしないで快適に暮らせる家

兵庫県神戸市垂水区内の妻の実家で両親と同居していたKさん夫妻。震災も経験した築30年を過ぎた建物は、傾きがひどくなっていた。5年前に同居していた両親が亡くなったことをきっかけに、これから先の夫婦ふたり暮らしを考えて、終の住処をどうすべきか考え…

スーモカウンターと2年越しのお付き合いで、大満足のわが家に!

売土地がなかなか出ないエリアで立地にこだわり、「整理収納アドバイザー」の勉強をしながら家づくりにもこだわった大阪府交野市のIさん夫妻。スーモカウンターとやり取りを重ね、悩み考え抜いた結果、自分たちの思いをすみずみまで反映させた住まいを完成さ…

テーマは「ぬくもりを感じる居心地の良いカフェ風の住まい」

離れた土地でひとり暮らしている夫の母がいつでも来られる場所を、と家づくりを決意した大阪府のIさん夫妻。憧れていたアーチデザインやステンドグラスを取り入れた、明るくてぬくもりを感じるカフェ風の住まいを紹介しよう どれくらいの家が建てられるか資…

母と暮らす平屋の実家を快適な2階建へ建て替え

愛知県岡崎市にある築60年の実家で、母と暮らしていたIさん。住まいの老朽化が気になり、「年齢的にローンが組みやすいうちに、いつかは建て替えを」と考えていた。母が友人から「建て替えるなら早い方がいい」とアドバイスされたことで、話が動き出した

自分たちで選んだウォルナットの天然木が住まいのアクセントに

以前は京都市内で1LDKの賃貸マンションに暮らしていたHさん夫妻。一戸建て住宅を建てることは妻の憧れだったそう。第一子が生まれて1LDKでは手狭になり、家づくりを本格始動。大津市に広々とした新居を構えるまでのお話を伺った

趣味を存分に楽しめる自分らしさが詰まった住まいづくり

仕事中に通りがかった街並みに一目惚れ。ここに住みたい!という気持ちが一気に高まり、まだもう少し先でもいいかと考えていたマイホーム計画を、本格的に始めることになったという大阪府にお住まいのTさん夫妻。理想の住まいを手に入れるまでのストーリー…

生まれ育った街で、家族や仲間が笑顔で集える住まいを実現

Dさん夫妻がともに生まれ育った馴染みの深い街、兵庫県高砂市。駅近の便利な立地で土地が販売されるという話を聞きつけ、長男が小学校入学前までには建てたいなと考えていた家づくり計画を少し早めた。思い通りの住まいを手に入れるまでのストーリーを紹介…

都心の旗竿地でも吹抜けの階段で明るく。空間ごとに壁紙を変えた個性的な住まいに

転勤先から再び都内に戻り、家づくりを考えたHさん。いざ購入しようと決めた土地が、タッチの差で先約されてしまうという苦い経験からの再出発。より理想的な土地を手に入れ、スーモカウンターで運命の建築会社を見つけたそう。その会社と建てた、こだわり…

プロも納得の住まい選びは、省エネの視点と間取りのこだわり

住まいに関連した仕事を続けてきたSさん。子どもが生まれて入園する前に住み替えたいとの妻からの願いもあり、そろそろマイホームを持とうと考え、スーモカウンターを訪ねた。住宅のプロから見ても、スーモカウンターを上手に利用することがスムーズに住まい…

ハーフ吹抜け+シアタールーム。「早く帰りたくなる家」実現!

賃貸マンションの家賃を払い続けるより持ち家のほうが資産になると思い、家づくりを考え始めた福岡県にお住いのRさん家族。最初に訪れた展示場で価格の高さにビックリ。自分たちの収入で建てられる家はあるのか疑問に思い、相談に行ったのがスーモカウンター…

暮らしやすさ片付けやすさを重視 いつもスッキリ居心地のいい家

周りの友人たちが次々に家を建てはじめ、「私たちにも建てられるのでは?」と思うようになったというHさん。当時は県外に住んでいたが、妻の実家のある広島で家を建てたくて、スーモカウンターを利用して家づくりをスタート。動線や収納の工夫で住みやすい…

薪ストーブのある暖かな暮らしを実現!将来は店舗併用にできるフレキシブルなプランに

東京で賃貸暮らしをしていたが、夫の地元である群馬県に転勤したことを機に、注文住宅を建築したTさん。家のシンボルとなる蔵と桜の木のある土地との出合いを経て、自分たちのライフスタイルにフィットした、薪ストーブのある暖かな暮らしを実現している

ランニングコストを抑え、将来を見据えたバリアフリーの平屋暮らし

2人目の子どもが生まれて住んでいた賃貸アパートが手狭になり、長男の小学校入学前には家を建てたいと考え、家づくりをスタートさせたAさん。ランニングコストやバリアフリーなど、将来を見据えてこだわり抜いた平屋での暮らしぶりをご紹介

育児休暇を利用してじっくり打ち合わせ。 将来かかる手間やコストを抑えた住まいに

家づくりについて考え始めたとき、妻の実家から土地の提供を受け、注文住宅を建てることになった埼玉県熊谷市のHさん。夫婦の育児休暇を利用して4社との打ち合わせをこなし、納得できる建築会社を見つけたそう。その会社と建てた、大満足な家の住み心地に…

快適な暮らしをかなえる平屋、プライバシーにも配慮した二世帯住宅

一戸建てに住みながら母世帯の賃貸の住居費も負担していた福岡県のHさん家族。イベント中の住宅展示場を訪れ持ち家の査定をしてもらったところ、費用を抑えながら二世帯住宅へ住み替えが可能だとわかった。ならば自分たち好みの住まいをと、こだわりの家づく…

子どもが元気に裸足で走りまわれる、広くあたたかな家が完成

子どもが自由に走りまわれるよう、リビングが広く、冬でもあたたかな家で暮らしたいと考えた北海道札幌市のKさん。理想の間取りをかなえるために、注文住宅を建てることを選択したそう。家事動線や収納のプランニング、インテリア選びを楽しみながらの家づく…

子どもが元気に駆けまわる!リビングを真ん中に据えた、家族が笑顔で暮らせるわが家

以前は社宅に住んでいた福岡県のKさんご家族。子どもが産まれ家族が増えたことと、このまま社宅暮らしを続けていると家賃が高くなることを考えて家づくりの検討をスタート。そんな子育て家族のマイホームへのこだわりを伺った

外張り断熱・二重通気工法で、爽やかな空気が感じられる家

子どもたちの成長につれて、賃貸マンションが手狭に感じられたことから、注文住宅の建築を考え始めたMさんファミリー。夫の希望は「冬暖かく、夏は涼しい外張り断熱・二重通気工法の家」と明確だった。

インテリアのテーマは北欧ヴィンテージ。室内窓が開放的でオシャレな空間に

築40年近い母の家に家族で同居していたという兵庫県在住のAさん。想定外の大雨や台風が立て続けに起こる中、住まいの耐久性に不安を感じ、新居購入を検討しはじめたそう。当初は中古×リフォームも検討していたというが、新築の注文住宅を建築するに至った経…

白いガルバリウムの外壁にとことんこだわって、ようやく完成した終の住処

20数年前に購入したのは中古の一戸建て。すでに築50年ほどが経ち、そろそろ終の住処を考える必要があった大阪府にお住まいのKさん。これまで住んでいた中古一戸建ては売却し、いずれは家を建てられるようにと両親が所有し、貸し駐車場として運営していた土…

デザインのセンスが光る会社と出会って何度もプランを練り直したこだわりのわが家

子どもが生まれて賃貸住宅が手狭になり、マイホームを考え始めた神奈川県横浜市のAさん。当初は建売住宅なども考えたが、デザインのセンスが光る会社と出会ったことから、注文住宅を建てることに。その会社と建てた、こだわりの住まいについてお話を伺った

周りを囲まれた敷地でも明るく広く 開放感いっぱいで家事のしやすい住まいが完成

一度はマンション購入を考えたものの、踏みとどまって計画を仕切り直し、注文住宅を建てた東京都墨田区のHさん。周囲に家が建て込む都心の敷地で、のびのびとした住空間を完成させたプロセスと、共働きの生活を快適に過ごす家の工夫について、お話を伺った。

デザインにこだわったわが家完成までの道のりは、楽しくてワクワクすることばかりだった

「いつかは家を建ててみたい」という漠然とした思いが前々からあり、ふらっと訪れてみた住宅展示場。モデルハウスをいくつか見て回るうちに、ワクワク感がどんどん高まってきてしまい……。大阪府にお住まいのMさんに、楽しいことばかりだったという家づくりス…

家事動線◎!収納たっぷりでスッキリと片付き、居心地のいい空間

茨城県にある夫の実家で同居していたSさんは、子どもが生まれて手狭になったため、広々した注文住宅を建てることに。料理好きの妻こだわりのキッチン、パントリーやウォークインクロゼットなどのたっぷりの収納スペースなど、スッキリとシンプルにコーディネ…

お手入れや家事がしやすく、長い目で見てお得な コストパフォーマンスの高い家を目指して

30歳からの住宅ローン返済を視野に入れ、マイホーム計画へと踏み切った千葉県流山市のSさん。長期的に見てコストパフォーマンスの良い家をと考えた建築会社選びと建材選び、家事動線の良さにこだわった間取りとその快適な住み心地についてお話を伺った。

夫は念願のオーディオシステム、妻は快適な家事動線を手に入れた「夫婦にとって快適」な新居

千葉県船橋市内にお住まいのNさん家族。「夏は暑く、冬は寒い」団地暮らしに不満が募り、市内に注文住宅を建てることを決意。娘が小学生に上がってから引越して転校させるのも避けたい。タイミングも考慮して実現した「すべてが快適」という新居での暮らしを…

白と黒のモノトーンを基調に、タイルや照明を厳選したデザイン住宅

消費税増税を前に、家を建てるべきか迷っていたという広島県のHさん。スーモカウンターで低金利の魅力や、資金計画について相談するうち、「増税前に建てたい」と家づくりをスタート。白をベースに、効果的に黒やグレーのモノトーン配色を活かした、「カッコ…

デザイン性は当然重視!その上で、ずっと先まで暮らしやすい家に

兵庫県内の社宅住まいで転勤の可能性もあったSさんは、「いつか家を建てたいけれど、それは定年後」と考えていた。しかし、大阪北部地震を経験した際に、築50年の社宅のもろさが気になりはじめ、安心して暮らせる家への引越しを考えることに。何の準備もし…

何かと気を遣う超都心のマンション暮らしから、自然に囲まれた子育てしやすい注文住宅へ

京都駅前の賃貸マンションで暮らしていたKさん。結婚当初より漠然と家づくりについて検討していたそうだが、何となくスーモカウンターへ立ち寄ったことがきっかけで、もう少し先の話だと思っていた家づくりがとんとん拍子に進展。その過程を教えてもらいまし…

空き家になっていた祖母の家を建て替え!子どもたちが元気に遊びまわれる家

会社から家賃補助をしてもらえるのは30歳までということもあり、消費税が上がる前になんとかマイホームを建てたいと考えていたYさん。ちょうど第2子を授かったこともあり、良いタイミングだと空き家になっていた大阪府内にある祖母の家を建て替えることにし…

「建売」から「注文」へ、家選びを変えてよかった

最初は、「マンションで十分」「建売住宅でいいんじゃない?」と考えていたYさん夫妻。スーモカウンターを訪れ、家づくりについて知るにつれ、家族全員がいつも健康でいられる“家”を建てたくなったという。Yさん夫妻の注文住宅が建つまでのストーリーとは?

ちょうど子どもがハイハイをはじめるタイミングで、広くて子育てしやすい住まいが完成!

結婚して2年。「いずれは一戸建てに住みたい」と、頭金を貯めながら大阪府内の賃貸マンションに暮らしていたHさんご夫妻。第一子出産を控え、より環境の良い場所で子育てがしたいと、いよいよ念願のマイホーム計画をスタート。何もわからないところから満足…

息ぴったりの会社とアイデアを出し合った、遊び心あふれる家

元気いっぱいの三姉妹が仲良く健やかに育つ家を思い描き、Kさんファミリーの家づくりがスタート。多忙になる妻の育休明け前に完成させるべく、夫妻は計画的に情報収集を開始した

完成してからも自分たちでDIYを続けられる環境づくりで、常に快適な家に

子どもができて荷物が増えたことから、賃貸の住まいを狭く感じるようになり、緑が多く子育てしやすい街に住みたいと思うようになりました。また、近年地震などの災害が多いこともあり、地盤や建築中の状態を自分たちの目で見て確認し、安心できる注文住宅に…

限られた予算で念願のニュータウンに新居完成

今回訪ねたのは大阪府箕面市に広がるニュータウン。Sさんは長女の幼稚園入園前に入居したいと願い、不動産会社を探すところからスタート。1年後には条件にぴったりの新居を手に入れることができました

忙しい共働きだけれど、慎重に会社選びを進めることができた!

共働きで多忙なMさん夫妻。当初は2人の通勤先の中間にある賃貸アパートで暮らしていたが、「このままでは家賃がもったいない。新居を構え人生の方向性を定めたい」と、情報収集をスタート。夫婦二人三脚の家づくりが始まった

リフォームか建て替えか ローン完済前に思い切って相談し、理想の新居に建て替え

あちこちが傷んできた一戸建てをリフォームで修繕するか、あるいは新築を建てるか。Tさん夫妻の迷いは、たまたま訪れたスーモカウンターで吹っ切れた

キッチンと吹抜けが主役の間取り。臨機応変に対応してくれる会社に出会えた

新居を建てる前は二世帯住宅で暮らしていたというIさん。育ち盛りの子どものためにも、妥協せず理想を追求した、初めての新築一戸建てづくりについて伺った

新生活は心にもゆとり。木を活かした温もりのあるわが家

賃貸の家賃を払い続けるのではなく、一戸建てのわが家を求め、結婚を機に家づくりを考えたTさんご家族。以前、マイホームを検討していた友人と一緒に訪ねたスーモカウンターへ、夫婦で相談に行くことから家族の家づくりは始まりました

ダンドリ優先! スーモカウンター初来訪から1年足らずで引越し完了

子どもが生まれてから、家の子育て環境について改めて考え始めたというMさん。職場と妻の実家の間くらいで、古すぎずまわりに新しい家もあるエリアに一軒家を建てたいと決意。家づくりのダンドリを知るため、まずはスーモカウンターを訪れました

インドア派一家がくつろげる、LAN環境の快適さを追求した家

京都でパソコンサポートの会社を経営するKさん夫婦。長女夫婦と愛犬と暮らす事務所兼住宅には、『パソコンのプロ』ならではのこだわりがいっぱいです

「部屋ごと」と「集中」のたっぷり収納で、たくさんのモノとすっきり暮らす!

夫婦とふたり姉妹、そしてペットのセキセイインコと暮らすSさんご家族。たくさんの窓から光と風がたっぷり入る気持ちのいい新居で、「ゆっくり時間をかけて楽しんだ」という家づくりストーリーを伺いました

忙しい毎日に2WAY動線とファミリークロークが大活躍!

夫が30歳になったのを機に、住宅ローンの返済期間を考慮して、本格的なマイホーム計画に乗り出したHさん夫妻。当初は駅近マンションか建売住宅を検討していた2人が、最終的に選んだのは建築家のデザインによる注文住宅。おしゃれなだけでなく、家事も子育て…

夫が仕事仲間を、息子がバイト友達を招くようになった三角形の家

コンビニを経営する夫と妻(ともに48歳)、大学生の息子(20歳)が暮らすNさん宅。三角形の土地に、それぞれのこだわりが詰まったマイホームを建てた

1階から3階まで、すべて異なる雰囲気の家で理想的な家事動線を実現

車を手放して自転車と電車での移動を選んだ東京都品川区のIさん家族。「駅近で商店街もすぐそばなので、何の支障もありません」と語る

たっぷり収納ですっきり片付く、くつろぎのわが家

長男が生まれ、それまで夫婦2人で暮らしていた賃貸物件を手狭に感じるようになっていたSさん夫妻。「将来子どもに残せるものをつくりたい」と、家を建てることにしました