フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

テーマは「ぬくもりを感じる居心地の良いカフェ風の住まい」

大阪府の注文住宅実例

離れた土地でひとり暮らしている夫の母がいつでも来られる場所を、と家づくりを決意した大阪府のIさん夫妻。憧れていたアーチデザインやステンドグラスを取り入れた、明るくてぬくもりを感じるカフェ風の住まいを紹介しよう

どれくらいの家が建てられるか資金計画から相談

「田舎でひとり暮らしている母が心配でした。今は元気にしてくれているのですが、車の運転ができなくなると生活が難しい場所なので、安心できる場所をつくってあげたかったんです。それに、子どもが生まれたときのためにも、今から家を準備しておきたいなと思ったのが家づくりのきっかけですね」と夫。

「ちょうど増税もあったので、そのことも家づくりを検討するきっかけのひとつになりました。私はずっと一戸建てでの暮らしに憧れていたんです。今の家賃に少しプラスする程度のローン返済額で一戸建てが建てられるなら、そうしたいと思いました」と妻。

家づくりをはじめるにあたっては、資金計画について不安があったというIさん。

「以前、賃貸アパートを探すときに、スーモカウンターへ行ったことがあるんです。賃貸物件の紹介もしてくれるものだと思って相談に行ったのですが、注文住宅の相談窓口だと聞いて。その時のことを覚えていたので、まずはスーモカウンターへ行って話を聞いてみようということになったんですよ」と夫 

そして、今の家賃支払額をベースに資金計画のシミュレーションをしてもらった上で、好みも価格帯も合う4社を提案してもらった。

土地の形状を活かして設置したアトリエ兼書斎/注文住宅実例

土地形状を活かして設けた妻のアトリエ兼夫の書斎。収納奥にミシンが置けるカウンターを造作し、小物や雑貨の製作に没頭できる空間をつくった

気になる展示場へ行ってみたものの圧倒されてしまい……

スーモカウンターへの相談と並行して、「おしゃれなデザインが素敵だな」、と以前からネットで見て気になっていた会社のモデルハウスがある住宅展示場へ見学に行ってみたというIさん夫妻。

「デザインはとても好きなテイストだったのですが、営業さんの猛アピールに圧倒されてしまって。私たちとは少しテンポが合わないかなと思いました。ちょうど同じ展示場内にスーモカウンターで紹介してもらった4社のうちの1社が入っていたので、スーモカウンターで取ってもらった予約日は先でしたが見学に行ってみたんです。そこは雰囲気も気に入り、営業さんとの相性も良さそうな感じでした」と妻。

「残りの3社はスーモカウンターで面談してお話を聞きましたが、展示場へ行ったときに先にお話を聞いてみた会社の担当者さんとの相性がやっぱり良いなと思い、依頼を決めました。フレンドリーで話しやすく、親身になって相談に乗ってくれそうだと感じたことが大きかったですね。ちょっとした疑問にも丁寧に応えてくれて、土地情報も早くからたくさん出してくれました。対応がとても早く、信頼できると思ったんです」

木とタイルがナチュラルな洗面スペース/注文住宅実例

木とタイルでナチュラルな雰囲気にまとめた洗面スペース。アンティーク風の照明デザインも素敵

自分たちで見つけた土地にも同行してくれてアドバイス

ともに飲食業界で働いているというIさん夫妻。帰宅が遅くなる日が多いため、終電が0時以降まであり、乗り換えなしで通勤できるエリアでの家づくりを希望していた。月に4回ほどしか二人の休みが合わないそうで、依頼先の営業担当者とのやりとりはメッセージアプリを利用したそう。忙しい日々を送りながらも、気になる土地があれば、実際に現地まで営業担当者と足を運んだ。

「土地の選び方もいろいろと教えていただきましたね。ネットで情報を集め、気になった土地のことを伝えると、そこにも連れて行ってくれて、一緒に見てアドバイスをしてくれました。実際に見に行ってみると、ネットの情報だけではわからなかった現地の状況を知ることができました。坂道だったり、細い道の奥だったり、裏がお墓だったり……。お手ごろな価格の土地にはそれなりの理由があるということがわかりました」と夫。

「営業さんからオススメしてもらったこの土地は、新しく開発された区画のひとつでした。土地の形状が整っているところに比べ、選んだこの区画は、少し変形地なので数百万円もお買い得でした。通勤条件もクリアしていて、駅からは歩いて10分ほど。これから新しい住宅街ができていく感じなので、同世代の住民も増えてきそうだし、子育て環境にもちょうど良い感じ。大きな公園がすぐそばにあるのも、決め手のひとつになりました」と妻。

コストを抑えるため、できるところは自分たちで

インテリアは当初、黒を基調としたカッコいいデザインに惹かれていたが、これから家族が増えることを思うと、明るくてぬくもりを感じる雰囲気がいいなとデザイン面で方向転換。やわらかさを感じるアーチデザインを取り入れ、木を使ったナチュラルテイストの住まいに仕上げた。以前、土木の設計の仕事をしていた妻が間取りを描いて、イメージを伝えていったそう。

「SNSやお家紹介のブログ、テレビ番組などを見て、気に行ったデザインが見つかればメッセージアプリのアルバムに保存し、担当者さんとイメージを共有しました。アーチのデザインはやわらかい雰囲気が好きで、ぜひ取り入れたかった部分。パントリーとテレビ裏の収納扉、2階のアトリエ兼書斎、玄関のシューズクロークの入口にそれぞれ取り入れてもらいました。2階のLDKとつながるアトリエ兼書斎や畳スペースは、壁や扉で囲わずオープンに。一体感のある空間にしてもらいました」と妻。

収納スペースの入口を小さなアーチ扉にしてやわらかな雰囲気に/注文住宅実例

たまたま見かけたお店の扉デザインを参考に、テレビの配線や季節家電などを収納している小部屋の入口に、小さなアーチ扉を取り付けた

依頼会社からはさまざまな提案をしてもらったそうだが、予算との兼ね合いで諦めたものも多かった。

「2階のリビングの3つ並んだ上げ下げ窓は、外観の雰囲気に合わせて提案していただいたものです。可愛くて気に入っています。ダミーの煙突やフラワーポットなども提案してもらいましたが、予算の関係で諦めました」と妻。

「勾配天井は角度によって見た目の印象が変わると聞き、シミュレーション画像を見せていただきながら慎重に決めたのですが、画像ではあまり違いがわからず少し緩めの勾配にしたんです。でも、ちょっとイメージと違っていました。ここは後から変更できないところなので少し残念でした」と夫。

LDKの空間を広々とさせる勾配天井/注文住宅実例

勾配天井が広々としたLDK空間をさらに広く見せている。窓際には天井高を活かして、夫のトレーニング用の雲梯を取り付けた

1階に洗面・トイレ・バスルームをまとめたのは、お母様を迎えた後の生活を考えてのこと。

「1階の作業場には水道を引いてあり、厨房をつくる予定です。2階に上がらなくても1階だけで生活できるようにしたんです」と夫。

「完成後、義母が遊びに来てくれたときに、『おしゃれだね』と言ってもらえました。気に入ってもらえたようで良かったです」と妻。

将来のため厨房にできる作業場を設置した/注文住宅実例

小菓子などのネット販売をしたいという夢があり、1階には厨房にできる作業場を設けてある。内装は少しずつ自分たちで仕上げていくそうだ

主寝室やお母様の部屋の収納扉はコストカットのため取り付けず、ロールスクリーンを自分たちで後付けする予定だそう。

「私たちが依頼した会社は設備メーカーなどを自由に選ぶことができて思うようにできる分、決めることも多かったので、楽しかったけれど打ち合わせがとても大変でした。でも、自分たちで考えてつくれたというところは満足しています。ステンドグラスなど、こちらで購入したものも取り付けてくれ、お気に入りの住まいになりました」と妻。

購入したステンドグラスやガラスブロックを明かり窓として取り付けたトイレと洗面所/注文住宅実例

ステンドグラスやガラスブロックもネットで自ら購入し、トイレと洗面所の壁に明かり窓として取り付けてもらったそう

「スーモカウンターに行っていなければ、こんなにスムーズな家づくりはできなかったと思います。そもそも自分たちの考えている予算で思うような家を建てられるのかを、最初にきちんと知ることができたのは良かったですね。こうしたいというイメージはあっても、自分たちだけでいろいろと調べるのは限界がありますから。特にお金に関してはどれくらいで建てられるのかまったく想像できていなかったので、スーモカウンターで話を聞いていなかったら、無理だと思って諦めていたかもしれません」と夫。

6月には第一子を出産予定とのこと。ご家族が増え、ますます明るくにぎやかになりそうなIさん夫妻のお住まいだった。

取材・文/馬場敦子 写真/河原大輔

DATA

Iさんが建てた注文住宅の外観

土地面積 96
延床面積 約101㎡
建築費 約2000万円
間取り 2LDK+作業場
世帯構成 夫(39歳)、妻(34歳)

Iさんが建てた注文住宅の間取り

スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンターなんばパークス店
紹介された建築会社数 4社
受けたサービス 個別相談