フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例を中心に、注文住宅のノウハウをご紹介します。

子ども部屋はワンルーム・ツードア間取りで家族が増えてもOK!

宮城県Tさんの実例

結婚後、賃貸マンションに住んでいたTさん夫妻は、子どもが生まれることが分かりマイホーム購入を考え始めた。当初は建売住宅の購入を検討していたものの、スーモカウンターに相談して家づくりに関する漠然とした不安が消え、本気スイッチが入り、注文住宅を建てることを決意。そして、2人の希望を反映した家が完成した。

 

子どもが気兼ねなく走り回れるマイホームがほしい!

結婚して3年目に妻の妊娠が分かったTさん夫妻。当時住んでいた賃貸マンションは水廻りが古く家事はしづらかったものの、通勤や生活が便利な場所にあり、3Kと部屋数も十分なわりに家賃が安く、二人で暮らす上で不満はありませんでした。

それでも、上の階の音が聞こえていたことから、子どもが生まれたら、下の階に迷惑をかけるのではないかという不安がありました。そこで「上下階への迷惑を気にしないで子どもが自由に家の中を走り回れるような一戸建てがいい」との思いから、家づくりを考え始めました。

漠然と家を買おうと考えたTさん夫妻ですが、住宅に関する知識も情報もなかったため何をどうしたらいいか全く分からず、はじめは建売住宅の購入を検討していました。
「注文住宅を建てた人の話を聞いて、壁紙の色や水廻りの設備など、細かいことを一から自分たちで決めなければならないのは大変だと思っていました」と妻は振り返る。「妻が妊娠中だったこともあり、無理をしない範囲内で、家から歩いて行ける距離にある建売住宅を見学しました。そのほか、雑誌や広告を見たりしましたが、一生に一度の大きな買い物だと思うと二の足を踏んでしまって、それ以上の具体的なアクションは起こせませんでした」と夫。

娘さんが生まれて「そろそろ」と思ったとき、たまたまテレビCMでスーモカウンターを知り「ここなら直接営業されることもないだろうし、相談がしやすそう」と、買い物のついでに話を聞きに行くことにしました。

庭で遊ぶ家族の実例

小さくても欲しかった庭で1歳の娘さんは元気に歩いたり走ったり。芝生の上だから転んでも安心

スーモカウンターに相談して「家を買う」本気スイッチが入った

「建売住宅はどんなものか聞いてみよう」と、3カ月だった娘さんを抱っこして、スーモカウンターへ。
「建売住宅を見学したときの感想を聞かれて『今の家より設備も間取りもいい』と話すと、建売住宅は誰もが暮しやすい間取りや仕様になるように作られているが、注文住宅は自分たちのライフスタイルやこだわりにフィットする住宅を作れるという話を聞いて、なるほどと。注文住宅は大変そうという気持ちはありましたが、注文住宅を考えるきっかけになりました」

注文住宅を検討する上で気になる予算や建築会社選び、家づくりの流れについても詳しく話を聞くことができて、漠然とした不安が解消され、家を買うことに本気で向き合えるようになったという。

「注文住宅の価格は気になりますが、目先の建築費用だけを考えず、家を建ててからのメンテナンス費用や保証制度、アフターサービスの内容や期間などは、建築会社によってさまざまだと分かりました。地震に強く丈夫な家、冬も暖かい断熱性の高い家にこだわると同時に、保証やアフターサービスが充実している会社に頼みたいと思いました」

注文住宅を建てる土地がなかったTさんは、土地も紹介してくれる会社を希望した。それまで、通勤の便が良く生活しやすい場所に住んでいたこともあり、職場まで自転車で20分程度の通勤の便利さ、買い物施設が身近にある立地は譲れない希望条件だった。

スーモカウンターに滞在したのは3時間ほど。娘さんが熟睡してくれていたおかげでアドバイザーさんとしっかり要望が整理できたそう。その場で答えたアンケートや予算をもとに、条件や好みに合う木造住宅と鉄骨造りの会社、各2社を紹介してもらった。

その後、紹介された4社と打ち合わせをして、間取りと見積もりを提案してもらったが、1回の打ち合わせの内容が濃く、希望に合う間取りを提案し、通勤にも便利な土地も探してくれた建築会社に依頼を決めた。

また、予算は総額3000万円~4000万円くらい、月々払う住宅ローンの返済は10万円以内と漠然と考えていたが、同社に紹介してもらったファイナンシャルプランナーに具体的に相談してアドバイスをもらったそう。

「ボーナス払いなしで、月々の住宅ローンの返済額は当初考えていた予算に比べると高くなりましたが、払っていくことができそうだと分かりました。住宅ローンの返済だけでなく教育費など長期的なマネープランも分かり、安心して住宅購入を進めることができました」

アイボリーの外壁の家の実例

アイボリーの外壁にエントランスポーチには木目などを採り入れた外観。「土地探しも建築会社に依頼できて良かった」と話す

キッチンからLDK全体が見渡せる子育てしやすい間取り

安心して頼める会社と出合い、いよいよ注文住宅計画がスタート。間取りは「子どもが過ごしやすい、家事がしやすい、家族が増えることを考えて子ども部屋を3部屋確保できる、小さくても庭がある家」だが、最初の打ち合わせの後に提案されたプランが希望に合っていたため、大きく変更する必要はなかったという。

完成した家は、リビング・ダイニングは真南向きで、壁クロスや建具など白をベースにしていることから明るさが際だつ。リビングの壁にはライトグレーのアクセントクロスを、窓にはカーテンの代わりに縦型ブラインドを採用し、シックでモダンな雰囲気に。インテリアコーディネーターのアドバイスも参考に、おしゃれな空間が実現した。

インテリアになじむ神棚の実例

リビングの壁面につくった明かり取り窓と、安産祈願のお札などを飾る神棚もインテリアになじんでいる

リビング・ダイニング・キッチンは、家族がいつも一緒にいられるようひとつの空間にし、入口にはリビング階段を設けた。妻が対面キッチンに立てば、リビング・ダイニング全体や2階に昇り降りする家族やテレビも見える。娘さんが小さいうちは、転んでも痛くないよう、また突板フローリングも傷つけないようクッション性のあるマットを敷き、思いきり走り回れるように家具は最小限にしているが、将来はキッチンの横にダイニングテーブルを置く予定だ。

ライティングにこだわったリビング・ダイニングの実例

活発な娘さんを中心に笑いが絶えない。リビング・ダイニングはダウンライトなどライティングにもこだわった

キッチンの近くの凹みを利用した机カウンターを設け、在宅勤務で働く妻が、仕事の合間に家事ができるようにした。2人並んで使える広さに設計されているので、娘さんが大きくなったらここで宿題をしたり親子で並んで勉強を教えることもできる。

キッチン脇の凹みを利用して設けた机カウンターの実例

キッチン脇のへこみを利用して設けた、パソコンが置ける机カウンター。配線用の穴も設け、すっきり見える

2階は大空間の洋室が2部屋だが、いずれもワンルーム・ツードアに。将来壁を設けて2部屋に仕切れるように設計している。1室は主寝室の予定なので将来子どもが3人になっても個室を確保できる。

夫婦の寝室を想定した部屋には、夫が自宅で仕事をすることもあるため書斎コーナーを設けたほか、収納棚や収納ケースも置ける収納力豊富な2畳のウォークインクローゼットと、近くに天井吊り式の物干しを設置して、洗濯物を干してしまう作業を効率化した。

ウォークインクローゼットの近くに室内物干しを設けた実例

主寝室も白をベースにコーディネート。書斎コーナーとウォークインクローゼット。ウォークインクローゼットの近くに室内物干しを設けた

回遊できる家事動線で「家事がしやすい家」が実現

Tさんが子育てと同時にこだわったのが、家事のしやすさだ。キッチンは使いやすい高さを選び、子どもにも安心な火を使わないIHクッキングヒーターを採用した。

洗面室はL字型にして、洗面台と洗濯機の位置を離し、洗濯機は引き戸1枚でつながるキッチンと距離を近くしたことで、料理と洗濯の同時進行がスムーズに。玄関、洗面室、キッチン、LDKをぐるりと回れる、一度にまとめて家事がしやすい動線となっている。

「以前の住まいは、冷蔵庫や食器がある場所などがそれぞれ離れていたので、無駄な動きが多かったのですが、今はキッチン周りで家事が全部完結するのでとてもラクですね。コンロも3つ口で、IHクッキングヒーターも馴れると使いやすく満足しています」と妻が話す。

キッチン近くに洗濯機を設置し家事効率が上がった実例

キッチンのコンロの近くに洗濯機を設置。引き戸一枚でつながり家事が効率的にできる

さらに、洗面台は玄関の近くに配置し、帰宅した家族が洗面台で手を洗ってからキッチンやリビングに入れるようにするなど、家族の健康を気遣った。

洗面台を玄関の近くに配置した実例

風邪の予防やウイルス感染症に配慮して、洗面台を玄関の近くに配置。1坪タイプのお風呂は親子で悠々と入浴できて快適だそう

また玄関脇には、趣味のキャンプ用品や釣り用品などアウトドアグッズが収納できる1.7畳の土間収納を設けており、丈のあるものやかさ張るものを収納するのに重宝している。

玄関脇に土間収納がある実例

玄関脇の土間収納があると、外で使うものや夫婦共通の趣味であるアウトドア用品の収納に便利

そして、タンクレストイレに手洗いボウルを別に設けた1階のトイレは、インテリアコーディネーターと相談しながらインテリアにもこだわった結果、隠れたお気に入り空間になったという。

ヘリンボーン模様の床クロスのトイレの実例

ヘリンボーン模様の床クロスにブラウンのアクセントクロスを採用したシックな趣のトイレ

「家づくりを振り返ると、とにかく子どもが生まれた直後で、建築会社との打ち合わせやショールームの見学に連れて歩いたときも、泣いて大変だったので、もっと早く動けば良かったというのはありますね。ただそういうなかでも、スーモカウンターで丁寧に話を聞いて、的確なアドバイスをもらうことができましたし、4社を選んでもらって比較検討できたことが良かったと思います。

スーモカウンターを訪ねたのは1回だけですが、その後もメールや電話で相談しました。依頼する建築会社を決める上では、『営業の人とは家を建ててからもずっと付き合っていくので、担当者との相性も大事』といわれたのが特に印象に残っています」と振り返るTさん。

家事や子育てがしやすくワークスペースがあり、将来の子育てまで考えたTさんのライフスタイルにフィットする間取り。そして外観デザインや内装も自分たちの好みを叶えることができ、注文住宅だからこそ100点に近いオンリーワンの家が実現した。
「家の中でも庭でも、子どもがのびのび走り回れるのが一番嬉しい」と日々成長する娘さんの姿に目を細め、快適な環境の中で子育てを楽しんでいる。

取材・文/佐藤由紀子 写真/伊藤トオル

 

DATA

Tさんご一家

土地面積 151.56㎡
延床面積 102.12㎡
建築費 約3000万円
間取り 4LDK
世帯構成 夫(34歳)、妻(30歳)、長女(1歳)

宮城県Tさんの家の間取図

スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンターララガーデン長町店
紹介された建築会社数 4社
受けたサービス 個別相談