フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

3世帯が心地よい距離感で好きなことを楽しむ3階建て住宅

宮城県の注文住宅実例

宮城県仙台市の都心部、JR仙台駅から車で10分以内の住宅地に建つKさん宅。築約50年の自宅を、親世帯、息子夫婦、娘夫婦で暮らす3世帯住宅に建て替えた。3階のフロアを世帯ごとに分け、時に妻が美しく整えた庭で交流しながら、9人がのびのびと暮らしている

3世帯で暮らす3階建てなら住宅ローンがラクになる

1階の親世帯はダイニングとリビングを使い分けている/注文住宅実例

1階の親世帯。ダイニングは食事や読書、編み物をする作業スペース、リビングはリラックススペースにし、キッチンは入口から見えない位置に設けた

夫(70歳)がリタイア後に自宅を建て替えたきっかけは、アパート住まいの長男夫婦に子どもが生まれ、手狭になったため。

二世帯同居を検討し、まずはネットを検索して建築会社からカタログを取り寄せ、8社の営業担当者と会い、見学会のバスツアーにも参加した。「それでもピンとくる会社に出合えませんでした」とKさんは振り返る。

家づくりの予算の目安は、それぞれの家族が支払う住宅ローンを毎月5万円以内に抑えること。ハウスメーカーの営業担当者と話をするうちに、3階建て住宅にして3家族で支払うと返済がよりラクになると気づき、近くのマンションに住む次女夫婦に声をかけ、同意を得た。

スーモカウンターに相談してスムーズに絞りこんだ

ブラウンと生成りをベースにした1階の親世帯のLDK/注文住宅実例

1階のKさん夫妻のリビング・ダイニング・キッチン。ブラウンと生成りをベースに壁紙は2色を張り分けて変化をつけた

3階建て住宅を建てると決めたKさんは、次女のすすめでスーモカウンターに相談した。「対応してくれたのは明るく感じがいい女性で、情報量も豊富。耐震性がしっかりした3階建て住宅が建てられる会社を紹介してほしいと話すと、すぐに2社を提案してくれて、その場で打ち合わせのアポをとってくれました」

その後、モデルハウスを見て、話を進めやすかった会社に依頼を決めた。「もう1社は、結局直接断りましたが、スーモカウンターを通じて断ることができるサービスがあったのは気がラクでした」。こうして依頼先が決まり、家づくりの第一歩を踏み出した。

同じマンションに住む感覚の三世帯同居を希望

三世帯で共有の玄関/注文住宅実例

玄関を世帯ごとに設けることも考えたが3家族で共有することにし、ホールには世帯それぞれの収納と上階にそのまま上がれる階段を設けた

Kさん宅の三世帯同居は、それぞれの生活スタイルや時間を重視した。玄関や階段などの一部のスペースは共有し、居室や水まわりなど各フロアの殆どを1世帯で完結する一部共有型の間取りにした。「いつか自分たちが住まなくなったときに、賃貸に出すことも想定して、電気メーターもフロアごとに分けてフロアに住む世帯が払うようにしました」とKさん。電気メーターを分けることは電気会社にいったん断られたが、Kさんと建築会社が直接出向いて説明し、やっと了解がとれた。

「同居という感覚はなく、たまに顔を合わせる関係。ちょうどよい距離感で快適です」と長男。「見かけは1軒家でも、マンションにそれぞれ部屋を持っているような感じです」と次女が話すように、それぞれメリットを感じている。

打ち合わせは、家を三軒分建てる感じで時間をかけてプランは12回ほど練り直した。外観のデザインや外壁材はみんなで決めて、駐車スペースは4台分を確保した。共有するのは庭と玄関と外物置きのみ。

それでも、夏はバーベキュー、冬はイルミネーションの飾り付けをみんなで楽しむ。食事は別だが、料理好きな妻は週一回9人分の料理を、誕生日には手づくりのケーキをつくり、息子夫婦、娘夫婦に届ける。「離れていれば面倒なことも、同じ家にいればすぐ届けられます。会いたいときに会える関係がいいですね」

オーディオルームは「自分だけの喫茶店のつもり」

レコード棚にもこだわった18畳のオーディオルーム/注文住宅実例

喫茶店代わりのオーディオルームは18畳。スピーカーはイギリス、アメリカ、日本製の希少なもの。レコード棚はKさんが材質、サイズなど細かく指定して造作した

Kさんが長年あこがれ、どうしても実現したかったのが、オーディオルームだ。「中学3年のときにビートルズを聞いて衝撃を受け、それから一日も忘れることはありませんでした。広いオーディオルームをつくりたくて寝室を狭くして可能な限り広い部屋に。本当はもっと広くてもよかったくらいですが、これでも大満足」。これまで狭い部屋にしまいこんでいた9つのスピーカー、4200枚のレコード、CD、本などをゆったり並べて、気持ちまで解放された。ソファーに座って好きなレコードを聴く時間は、至福の時だという。

親世帯の妻の部屋につながるウッドデッキ/注文住宅実例

妻の部屋の外に広がるウッドデッキ。いつでも外に出て、庭が眺められるのがうれしい

一方、妻は手づくりをいとわない。庭には、イーゼルスタンドを置いて草花をからませたり、鉢の土の部分に松ぼっくりやクリスマスアイテムを添えたりと思わずほっこりするアイデアにあふれている。また、1階の生活空間は妻が手づくりしたヨーヨーキルトやレース編みが随所に置かれ、寒い冬も温かなぬくもりにあふれている。

親世帯の妻が手作りしたヨーヨーキルト/注文住宅実例

着なくなった洋服をリサイクルしてつくったヨーヨーキルトの背もたれカバーとクッションカバー。妻のやさしさが伝わる手づくりだ

娘夫婦が住む2階はプライバシーを重視した大人の空間

大きな窓を設け明るい2階リビング/注文住宅実例

大きな窓を設けた明るい2階のリビング。家具はほとんど置かずモデルルームのようにすっきりと広々とした空間を楽しんでいる

アイボリーの面いたとシルバーでまとめたキッチン。アクセントとしてヘリンボーンの敷物が/注文住宅実例

アイボリーの面板とシルバーでコーディネートしたゆとりあるキッチン。パインのカントリー調の食器棚とへリンボーンの敷物がアクセントに

「一緒に住むことを提案されて、何か役に立てることもあるかもしれない、と承諾しました。まったく抵抗はありませんでした。最初は、マンションみたいにフロアごとに鍵をつけることが絶対条件でしたが、結局鍵はかけずに生活しています」と次女。

2階は、次女夫婦と学業とアルバイトで忙しい大学生の長男、バスケットボールに熱中している中学生の次男の4人家族が暮らすフロア。「子どもが大きくなったので、リビングを通らなくても自分の部屋に行ける、友達が気軽に遊びに来られるように廊下を設けました。誰にも気を使わないし、居心地がいいですね」と余裕の笑顔。

ドアは白、床は濃い茶色で統一したシックな大人の住まいだが、廊下の壁紙を右と左で張り分けるなどこだわって選んだ。また、室内の扉にチェッカーガラスを採用するなど、さりげない可愛いらしさがちりばめられている。

クロスの色に変化をつけ飽きが来ない2階フロアの廊下/注文住宅実例

次女家族の2階フロアは廊下を設け、右と左、天井でクロスの色を変えてシンプルながら飽きのこない内装に仕上げた

チェッカーガラスの扉。モチーフがかわいらしい/注文住宅実例

扉には中が見えずに光を通すチェッカーガラスを採用。WELCOMEのモチーフが訪れる人を歓迎してくれる

小さい子どもがいる長男夫婦はリビング中心の間取りに

回遊導線のある黄色のキッチン/注文住宅実例

気分が明るくなる黄色いキッチン。洗面室、浴室は一直線につながり回遊できる家事動線にも配慮した

素振りができるくらい余裕のあるバルコニー/注文住宅実例

少年時代から野球をしている長男が欲しかったのは素振りができるスペース。バットはプロ野球選手が使っていた自慢のもの

将来を考え2部屋設けた子供部屋/注文住宅実例

将来を考えて子ども部屋は2部屋確保した。今はカラフルなおもちゃでいっぱい

長男夫婦と1歳の長男が住む3階は、「リビングを中心にそれぞれの部屋とつながる、家族みんなの顔が見える間取りにしました」と妻。キッチンに立てば、どこに移動するのもスムーズで、家全体を見渡せる。リビングは、1歳の長男を真ん中に笑い声が絶えない。

長男は、広いバルコニーで素振りの練習をしたり、納戸を自分だけの書斎コーナーとして活用。主寝室にはワイドなウォークインクロゼットを設けるなど、収納スペースも十分確保している。ブルーグレーの壁紙に黄色のキッチンが印象的。同じ面積でも、間取り、色選びひとつにもわが家らしい個性が表れている。

「新居に引越した今が一番楽しい」としみじみ

理想の注文住宅を建て喜ぶKさんファミリー/注文住宅実例

前列が長男家族、後列がKさん夫妻と次女。妻が工夫した玄関周りの季節ごとの飾りが家族の目を楽しませる

9人がひとつ屋根の下に暮らしながら、それぞれの趣味や好きなことを楽しむKさんの3世帯同居スタイル。「スーモカウンターには会社を紹介していただいた後も何度か電話をいただいたり、こちらから電話で報告したり、最後までお世話になりました。今でも遊びに行きたいくらい、感謝しています。考えていることをすべて伝えると、いいアドバイスがもらえますね」とすすめてくれた。

住み慣れた場所で息子と娘家族といつでも会える安心の暮らし。「新居に越して生活にゆとりがもてるようになりました」と話す妻の傍らで、「毎日が楽しい。今が人生で一番満足しているときかもしれません」と語るKさん。

3つの幸せな暮らしが実る3階建て。家を建てることが目的ではなく、家を建ててからが始まりだと物語るような家族の表情。これからもKさん宅の幸せ物語は続いていく。
取材・文/佐藤由紀子 写真/伊藤トオル

DATA

Kさんが建てた注文住宅の外観

土地面積 約273㎡
延床面積 約260㎡
建築費 5400万円
間取り

1階/1LDK+オーディオルーム

2階/3LDK

3階/3LDK

世帯構成

夫(70歳)、妻(64歳)

長男(36歳)、長男の妻(34歳)、長男の長男(1歳)

次女の夫(46歳)、次女(41歳)、次女の長男(20歳)、次女の次男(12歳)

Kさんが建てた注文住宅の間取り

スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター 仙台一番町店
紹介された建築会社数 2社
受けたサービス 個別相談