フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例を中心に、注文住宅のノウハウをご紹介します。

【実例付き】15坪の土地に家を建てるにはどんな間取りがいい?

【実例付き】15坪の土地に家を建てるにはどんな間取りがいい?

15坪の土地に家を建てるときに、どのような間取りが適しているでしょうか? 住宅金融支援機構の資料(【フラット35】利用者調査)によると、 2022年度の注文住宅の住宅面積(坪数)は全国平均で37.2坪となっています。15坪は平均よりも半分程度の狭い敷地になり、狭小住宅の部類に入ります。

都心では見かけることのある15坪の狭小地を有効に活用し、思い通りの家を建てるために、実例やプロの建築士さんのアドバイスから、理想の間取りを考えてみましょう。今回はシグマ建設の小野猛さんと伊藤朋実さん、充総合計画一級建築士事務所の杉浦充さんから15坪の土地に建てる家の間取りのアイデアを聞きました。

15坪の土地にはどんな家が建てられる? 狭小の土地選びのポイントは?

坪数の表示に慣れていないと、15坪といってもイメージが湧かないかもしれません。
1坪は約3.3㎡の広さなので、15坪は、㎡数に変換すると49.5㎡の広さになります。また、1坪は畳の広さで換算すると約2.04畳にあたるため、15坪は、畳数で表すと約30畳の広さになります。

既存の敷地と比較すると、スーパーなどの標準的な駐車スペースが幅2.5m×長さ5.0mの12.5㎡の広さなのでそのスペースがほぼ4つ分と考えると、イメージが湧くかもしれませんね。

駐車スペースのイメージ

一般的な駐車スペースは幅2.5m×長さ5.0mの12.5㎡(画像/PIXTA)

この広さの敷地に家を建てるわけですが、建物を敷地面積いっぱいに建てられるわけではありません。建てる地域や場所によって「建ぺい率」や「容積率」が定められており、土地の広さに対して建てられる建物の規模が制約されます。取得する土地の建ぺい率や容積率はしっかりと頭に入れておきましょう。

建ぺい率が50%と80%の土地を比較してみよう

 建ぺい率が50%の土地と80%の土地の場合、建物面積はどのように異なるのか具体的に見てみましょう。

建ぺい率の比較

例えば、建ぺい率が50%の土地と80%の土地とでは、建てられる面積に大きな差が出る(図/SUUMO編集部作成)

参考記事→
「建蔽率(建ぺい率)」「容積率」とは? 知っておきたい建物の規制

どんな家が建てられる?

15坪の敷地を最大限活用して建物を建てると想定すると、だいたい2〜3LDKの3階建ての家がスタンダードなモデルケースとなります。一般的には3人家族までがフィットする間取りですが、子ども部屋をシェアしたり、リビングに学習スペースを設け、子ども部屋をコンパクトにした分、共有スペースを増やしたりしてスペースを工夫すれば、4人家族で住まうことも可能です。

夫婦や一人暮らし、シニア世代なら平屋という選択も

夫婦や一人暮らし、シニア世代と家族構成が1〜2人程度で15坪の家に住む際には、平屋にすることもできます。平屋のメリットとして挙げられるのが、階段による昇り降りがないことです。

高齢になると、階段を使っての移動が難しくなります。若い世代でも、掃除する際に1階と2階に分かれているのを大変に感じる人もいるでしょう。平屋は移動距離が少なくなり、バリアフリーでもあるというメリットがあります。

15坪の土地に狭小住宅を建てるメリット・デメリット

15坪の家は建物が建てられる面積をめいっぱい活用したとしても、1フロアが9畳ほどの広さになります。ワンルームほどなので、階数を増やすごとに部屋数を増やしていく感覚です。ただし階数を増やすと階段の移動が日常的になるので、子どもや高齢者が住む場合の部屋の使い方は、十分に考えておく必要があります。ここでは15坪の土地に家を建てることのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

狭小住宅は狭いというデメリットに注目されがちですが、土地代が低く抑えられる分、駅近や都市圏など、人気の高い土地を取得しやすいというメリットがあります。また土地代や敷地面積に比例して税金を低く抑えることができるでしょう。

また、部屋数が少なく、部屋間の距離が短いことで、エアコンが1フロア1台で済む場合などもあり、光熱費も節約できます。トップライト(天窓)などをうまく取り入れれば、室内を明るく、暖かく保つことができるので、日中の電気代の節約に。家全体がコンパクトなため、広さによって大まかな工事費が決まる将来的な修繕費用(外壁、屋根の塗装、壁や床の張り替えなど)も抑えることができそうです。

階段のイメージ

部屋数が少ないだけでなく、階段や部屋間が密集することで、光熱費が抑えられるメリットも(画像/PIXTA)

デメリット

生活空間のスペースが限られることに加え、敷地いっぱいに建てることが前提だけに、隣の家との距離が近いという点が挙げられます。設計段階で、天窓の設置や壁材を検討するなど、採光や防音面の工夫をすることで、デメリットを軽減することができます。

隣家との距離のイメージ

隣の家との距離が近いことで、採光が取りづらい点や音が聞こえやすいなどのデメリットが生じる(画像/PIXTA)

15坪の土地におしゃれな家をつくるには?

それでは15坪の土地におしゃれな家を建てるための工夫をプロに聞いてみましょう。「空間を大きく使い、限定されたスペースを多目的に活用することが大切」だというのが、専門家からのアドバイスです。

壁を減らす

「15坪程度の狭小地に家を建てるなら、空間の節約のために壁を少なくしたいですね。思い切ってワンフロア、ワンルームにするのも狭い空間でおしゃれな家をつくる方法のひとつです。例えば、書斎やお子さんの勉強部屋は独立した部屋にせずに、リビングの一角に仕切りを設けて活用します。またお子さんの部屋も兄弟で分けずにひとつの部屋をシェアする方法もありますね。最低限のプライベートスペースを仕切って、あとは共有するというのが最近、人気の傾向です」(小野さん)

「いかにスペースを有効活用するかという点においては、廊下にスペースを割かないこともポイントです。そのために私は家の中心部に階段を持ってくることが多いですね。そうすれば廊下をつくる必要がなく、空間の節約になります。また建て込んでいることが多い狭小住宅では採光も大切。吹抜けや天窓を使うと明るい家になります」(杉浦さん)

リビング階段のイメージ

リビングなどに階段を設置することで、廊下や壁をつくらず、空間を有効活用する(画像/PIXTA )

収納は家族で共有

「狭いスペースでの収納場所を確保する方法として、ファミリークローゼットをご提案することもあります。家族でひとつの大きなクローゼットをつくることによって、スペースをフレキシブルに使えますし、収納場所がひとつになることで家事動線もよくなります」(伊藤さん)

ハンガーに掛けられた衣服

家族全員分の収納を1カ所にまとめることで、空間を有効活用できる(画像/PIXTA)

ファミリークローゼットについてもっと詳しく→
ファミリークローゼットのメリット・デメリットと、取り入れる際のポイントを紹介!

空間を縦にも有効活用

「敷地が狭い場合は、縦に空間を使うことを考えましょう。吹抜けをつくることもひとつの方法です。狭い部屋でも天井を高くすることで空間に抜けができて、広々とした印象になります。規制によって建物の高さが出せない土地は、1階を半地下に下げて天井高を確保する方法もあります」(杉浦さん)

ロフトから見た空間のイメージ

吹抜けとともにロフトを設ければ、活用できる空間が増えるだけでなく、採光を確保しやすくなる(画像/PIXTA)

その他15坪の土地で家を建てる際のアイデアを編集部が紹介

その他にも、15坪の土地で家を建てる際にさまざまなアイデアがあります。15坪の土地はそれほど広くないので、収納スペースの確保が難しくなるでしょう。ここでは、主にスペースを確保するための工夫を解説します。

ロフトをつくる

15坪の土地で家を建てるアイデアとして挙げられるのが、ロフトをつくること。ロフトは小屋裏や天井裏に設けられた収納スペースを指します。シーズンオフの衣服や使用頻度の低い家電を収納するのに便利です。

建築基準法の規定により、ロフトは高さ1.4m以下および床面積をロフト下の2分の1未満にしなければなりません。そこまで広いスペースを確保できるわけではないものの、子どもの遊び場や寝室の代わりなどとさまざまな活用方法があります。

他にもロフトをつくるメリットとして、部屋に開放感が生まれる点も挙げられます。天井が高くなり視線も上に抜けるので、のびのびとした気持ちでくつろげるでしょう。部屋もおしゃれに見えるため、内観にこだわりたい人にもおすすめです。

駐車スペースとしてビルトインガレージをつくる

15坪の土地に家を建てる際には、駐車スペースとしてビルトインガレージを設ける方法もあります。ビルトインガレージは住宅の1階部分を車庫代わりに活用し、シャッターやドアによって車を格納できるのがポイント。車を雨や雪から守るほか、盗難のリスクを抑えられます。

またビルトインガレージにアウトドア関連グッズや工具を少し置ける棚を設置し、収納スペースをつくるのもよいでしょう。

加えてビルトインガレージは建物の内部に設けられるので、雨が降ったときも荷物を濡らさずに部屋に運べます。高齢者や車いすの利用者も移動がしやすくなり、バリアフリーの役割も担います。

15坪の土地にオススメの間取りは?

15坪の規模で満足のいく暮らしをするには、間取りを上手く工夫する必要があります。床の高さを変えてみたり、天井に着目したりするだけでも魅力的な家を作れます。特におすすめの間取りを紹介するので、設計士と相談するときの参考にしてください。

スキップフロアを利用し、部屋を仕切らず用途を分けた間取り

「約13.5坪の敷地に計画した、3階建て3LDKの住宅。夫婦と子ども1人、そしてその親御さんの、4人住まいです。スキップフロアにして、高低差で部屋を区切るのが、狭小住宅を目一杯使いながらもスペースを多目的に有効活用できるポイント。各部屋の収納は小さめですが、その分1階に共用できるウォークインクローゼットを設けています。また周囲を3階建ての建物に囲まれており、採光に工夫が必要ですが、2階から3階までの吹抜けをつくったり、階段をスケルトンにして光を通したりして、明るい家にしています」(杉浦さん)

スキップフロアのある戸建ての間取り

スキップフロアにして部屋を区切る間取り(間取図/充総合計画一級建築士事務所)

パーテーションの役割もあるスケルトン階段

スケルトンの階段が部屋を区切るパーテーションの役割もはたすことで、部屋を区切る壁のスペースを節約できる(写真提供/充総合計画一級建築士事務所)

家の中心に吹抜けをつくった間取り

「17.6坪の敷地に4人家族と親御さん1人の、2世帯が住む4LDKの家です。この間取りで特徴的なのは家の中心部に設けられた天窓。天窓から光が入る部分の床をグレーチング(格子状のスケルトンの床)にして、天窓の明かりが2階のリビングまで届くようにしました。内部はコンクリート打ち放しの空間ですが、外断熱仕様によって2020年基準以上の高断熱環境を満たしています」(杉浦さん)

4階建ての家の間取り図

建て込んだ立地にある家だが、道に面した東側と天窓から採光して、明るい家に。どちらも周囲の環境が変わっても光が遮られる可能性が少ない(間取図/充総合計画一級建築士事務所)

天窓のある空間

天窓からの採光はグレーチング(格子状)の床を通って階下まで届いている(写真提供/充総合計画一級建築士事務所)

狭小でも完全分離二世帯を実現した家

「都市部の約9.6坪の敷地にある、スキップフロアをもつ二世帯住宅です。3LDKにご夫婦と親御さん1人の3人が住んでいます。建て込んだ場所の狭小住宅でも、完全分離型の二世帯住宅を実現した好例です。ポイントは敷地を目一杯使うために、廊下や壁などの要素を徹底的に排したり、壁をつくらずにスキップフロアで部屋を区切ったり、建物と道路や隣家との境界線までの距離を利用したポーチをつくり、玄関部分の廊下を省いたりと、省スペースの工夫が満載です」(杉浦さん)

半地下のある戸建ての間取り

1階の一部を半地下にして2階のダイニングキッチンの天井高を確保することで、ゆとりを持たせた(間取図/充総合計画一級建築士事務所)

玄関までにポーチを設けた外観

道路から家までは最低でも50㎝は空けなければいけないという法律がある。そのスペースを有効活用し、道路から玄関までポーチを設けることで、玄関や廊下をつくらなくても、道路から居室が丸見えになることを防げる(写真提供/充総合計画一級建築士事務所)

15坪にどんな家を建てた? 先輩たちの実例紹介

理想の暮らしを手に入れるには、実際に同じ規模で家を建てたケースを見ておくことも大切です。ここでは、2つのケースについて紹介します。今後作る予定の家にも、何か参考になりそうな工夫がないかを見つけてみましょう。

【case1】娘と自分が本当に欲しい機能をギュッと詰め込んだ、夢をかなえる家

長女と2人暮らしのBさんは、以前はアパートに住んでいました。きっかけは「上階の足音が気になって。これからのことを考えて、そろそろ住まいを資産にしていこうと考えました」とのこと。

マイホームを建てるにあたって「音楽室を持つこと」と「猫を飼うこと」という夢を実現したかったといいます。Bさんは金管楽器、長女は弦楽器を演奏するため、防音性の高い部屋は必須でした。また、小さいころからずっと猫を飼いたかったBさんにとって、マイホーム購入は夢をかなえる絶好のチャンスだったのです。

とはいえ資金的には不安があり、「首都圏で注文住宅を建てるなんてまず無理。不動産会社に行ってもきっと相手にしてもらえないだろう。結局のところ、中古&リフォームしかないかな、と思っていました」とBさん。しかし実際は娘さんの学区を変えずに通える場所に13坪の家を新築で建てることができました。

Bさんが建てた注文住宅の間取り

2階建の1SLDK。天井階はロフトと吹抜けをつくって、リビングへの採光を得ることと居住スペースを増やすことを両立

狭小地でも開放感のあるリビング/注文住宅実例

建て込んだ立地で、隣家が迫っている環境だが、天窓や中庭風のバルコニーをつくることで採光を確保している(撮影/Bさんご本人)

この実例をもっと詳しく→
音楽、猫、本、色……好きなものを13坪にぎゅっと詰めこんだ家

【case2】床下収納と広い土間を設けた趣味のための家

15坪の土地に家を建てた石橋さんは夫婦2人暮らし。多趣味な石橋さんは、趣味の時間を捻出するために、職場に近い場所に住むことを条件にしていました。同じ予算でマンションを購入するよりも、自分好みにカスタムした注文住宅に魅力を感じた石橋さん。特にこだわったのは、趣味のアイテムを置くスペースがあること。そこで広い土間と床下収納のある家を建てました。

土間を活用した狭小住宅

土間を活用した狭小住宅

趣味のロードバイクを置くための広い土間があり、少し高めにつくった1階の床下に収納スペースを設けた

土間を活用した狭小住宅

土間を活用した狭小住宅

玄関の土間(上)と床下収納(下)。1階の居室の位置を少し上げ、その床下に充実した収納を作り出した。床下収納の上部は寝室(撮影/石橋さんご本人)

この実例をもっと詳しく→
趣味が捗るでっかい土間の家【趣味と家】

15坪の土地に新築の家を建てる際の費用相場 

15坪の土地に新築の家を建てる際に、どの程度の費用がかかるかを計算しましょう。ここでは、概算を出す計算式として「住宅面積×坪単価(1坪あたりの建築費)」を使います。住宅面積については、住宅金融支援機構が公表している「2022年度 【フラット35】利用者調査」を参考にしました。なお坪単価については、「1坪=3.3㎡」とします。
※正確には1坪3.30579㎡ですが、本記事では3.3㎡として計算します。

注文住宅を例に出すと、2022年度における住宅面積の全国平均は122.8㎡です。坪単価に置き換えると、値は約37.2坪となります。同年度の建築費の全国平均は3715万2000円であることから、坪単価は約99万9000円となる計算です。

1坪あたりの金額を約99万9000円として、15坪の大きさで建築費全体の値を算出してみましょう。「99万9000円/坪×15坪」と計算式を作ることができ、最終的にかかる全体の費用は1498万5000円です。そこまで広い規模ではないものの、一般的には1000万円以上が費用相場であると押さえてください。

土地と家の費用バランスに注意しよう

土地と建物の双方を購入する際には、それぞれの費用バランスに注意する必要があります。土地の購入に予算の大半を費やしてしまうと、過ごしやすい環境を手に入れるのが難しくなります。

ここでも「2022年度【フラット35】利用者調査」を参考にしながら、土地付注文住宅の購入者の費用相場を確認しましょう。2022年度のデータによると、敷地面積の全国平均は201.6㎡となっています。「1坪=3.3㎡」として計算すれば、敷地面積は61.1坪です。

なお土地取得費の全国平均は、1499万5000円と示されています。こちらを1坪あたりの金額に置き換えたときの金額は約24万5000円/坪です(1499万5000円÷61.1坪)。したがって15坪を購入する場合は、土地取得費全体で約367万5000円がかかります。

ただし土地付注文住宅にかかるお金は、地域によって大きく異なります。首都圏で同じ計算をした場合、土地取得費全体の価格は約756万円です。全国平均と比べても、約2倍の違いがあります。

全国平均や首都圏の数値も含め、ほかの地域の坪単価平均と15坪あたりの費用相場を算出しました。実際の費用は上下するものの、とりあえずの基準として各地域の違いを比較してみてください。

地域 土地取得費の合計(15坪)
全国平均 約367万5000円
首都圏 約756万円
近畿圏 約567万円
東海圏 約300万円
その他の地域 約187万5000円

なお土地の価格は、公示価格や基準地価などさまざまな指標があります。公示価格は国土交通省が出している基準であり、市町村ごとに細かくまとめられているのが特徴です。一方で基準地価は、各都道府県によって算出されています。建物とあわせて家を購入するときは、これらの価格も参考にしておくことが大切です。

いくつかの建設会社にも相談しながら、どのくらいの金額がかかるかを把握しておきましょう。そのうえで自身が理想とする住まいを手に入れるために、何を取り入れるかを考えてみるのをおすすめします。

スーモカウンターに相談してみよう

これまで見てきたように、15坪の土地に家を建てる際には、家族にとって必要な機能を優先させ、採光や階段の位置などを検討することが間取りの工夫のポイントになりそうです。

注文住宅の新築・建て替えをサポートしているスーモカウンターでは、家づくりの不安を解決できる無料講座や、アドバイザーに悩みを相談できる無料の個別相談などを実施しています。個別相談では予算や希望条件の整理、建築会社の紹介など、注文住宅を建てる際のあらゆる不安について、知識と経験のある専任アドバイザーに無料で何度でも相談できます。

15坪の土地にどんな家を建てるか迷っている人は、スーモカウンターを活用して、家づくりの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

取材協力

シグマ建設
充総合計画一級建築士事務所 杉浦充さん

 取材・文/蜂谷智子(スパルタデザイン)

監修/SUUMO編集部(夫婦や一人暮らし、シニア世代なら平屋という選択もその他15坪の土地で家を建てる際のアイデアを編集部が紹介15坪の土地に新築の家を建てる際の費用相場

 

あわせて読みたい