フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

音楽、猫、本、色……好きなものを13坪にぎゅっと詰めこんだ家

神奈川県の注文住宅実例

楽器を演奏する、猫を飼う、お気に入りの本をずらっと並べる、好きな色とデザインに囲まれて暮らす……憧れていた暮らしをすべて、42㎡弱の土地で実現した船橋市のBさん。「注文住宅は大変だと聞いていたけど、とにかくずっと楽しかった」という、家づくりのお話を伺いました

「将来のために、資産としての住まいを持とう」と決意

ターミナル駅近くなのにすぐ前が公園という、利便性も環境もそろったアパートで長女と暮らしていたBさん。「ただ、上階の足音が気になって。これからのことを考えて、そろそろ住まいを資産にしていこうと考えました」
マイホームの夢と同時に実現したいのは「音楽室を持つこと」と「猫を飼うこと」。Bさんは金管楽器、長女は弦楽器を演奏するため、防音性の高い部屋は必須でした。また、小さいころからずっと猫を飼いたかったBさんにとって、マイホーム購入は絶好のチャンス。「このふたつの夢を実現できるなら、新築・中古、一戸建て・マンション、のどれでもいいと思っていました」

狭小地でも開放感のあるリビング/注文住宅実例

すぐ隣にアパートが建つ約13坪の狭小地ではあるが、中庭風のバルコニーと天窓付きの吹抜けをつくることで、リビングに明るさと広がりと、プライバシーを確保している

スーモカウンターで、資金計画に余裕があることが判明

もちろん予算には限りがあり、「首都圏で注文住宅を建てるなんてまず無理。不動産会社に行ってもきっと相手にしてもらえないだろう。結局のところ、中古&リフォームしかないかな、と思っていました」。そんなときに、近くにスーモカウンターがあることを知り、ネットで予約。訪問することにしました。
「住宅ローンの試算をネットでしてみたことはありましたが、どの数字を入れたらいいのかわからなくて。だれか詳しい人に教えてもらいたい、と思っていたんです」

初心者向けのマイホーム講座のあとで個別相談。「アドバイザーに資金計画を立ててもらったら、思っていたよりも予算に余裕があることがわかりました。しかも、自分の場合は、ローンに時差が生じる中古&リフォームより、注文住宅の方が資金計画が立てやすいこともわかりました」。そこから、注文住宅建築に向かって本格的に動き出すことになりました。

防音室と玄関の手洗い場/注文住宅実例

音楽室は防音性を高くしたので、音漏れを気にせず演奏に集中できる。1階にはコストを抑えるためにトイレをつくらず、楽器の手入れや、加湿器の給水、帰宅時の手洗いのための洗面ボウルだけを設置した

質問に答えているうちに「どんな家がいいか」が明確に

そのころはまだ「どんな家が欲しいか」はっきりしていなかったというBさん。新築か中古か、マンションか一戸建てか、ですら予算次第だと思っていたからです。でも、「アドバイザーからの質問に答えているうちに、どんどん考えが整理されていって。冷静な第三者が壁打ち相手になってくれたことで、どんな家に住みたいかが明確になっていったんです」
昔から、機能性を追求した狭小住宅に憧れていたBさんは、そういう家が得意な会社を紹介して貰うことにしました。

すでに、長女が通っている学区内限定で土地を探し始めていたBさん。「気になる土地はあったのですが、学校まで徒歩40分。子どもの足では厳しいかな、とあきらめかけていました。でも、アドバイザーから『気になるなら絶対に見に行ったほうがいい』と言われて行ってみると、ローカル線の駅から近いこと、希望通りの高台だったこと、通学路の安全性と防犯性が高かったこと、㎡数以上に土地が広く感じられたこと、などが確認できて。結果、この土地で建てることにしました」。数字にとらわれ過ぎていたというBさん。長女も、友達とおしゃべりしながらの通学時間を楽しんでいるそうです。

2階に設けているキッチン/注文住宅実例

キッチン背面の引き戸を開けると、洗面所と浴室、洗濯機置き場が並んでいる。「家事はすべて同じフロアでできるようにした方がいい」との友人のアドバイスを受けて、2階に機能を集約したそう。キッチン前のカウンターは、食事はもちろん、子どもとの共用スタディコーナーとしても使える

2社のどちらも良くて決められなくなって

スーモカウンターから紹介された4社には、「音楽室とLDKと2室が欲しい」とだけ伝えてプランを依頼。「そこからどんな風に広げていってもらえるかな、と思って、最初の注文はあえてシンプルに。出てきたプランを見ると、追加のヒアリングを申し込んできた2社の提案がよくできていたので、その場でその2社に絞り込みました」
しかしその後は、「2社それぞれに『いいな』と思うところがあって決められなくなってしまったんです。スーモカウンターにメールで相談したら、『家づくりで何をかなえたかったか、大事にしたいことは何だったか、最初の気持ちを思い出してみて』との回答が。初心に立ち返った結果、『自分が建てたい家を建ててくれそうなのは間違いなくこっちの会社だ』とはっきり。もう1社は、担当者があまりにもいい人だから切れなくなっていただけだったんですね」

ピンク色が基調の子ども部屋/注文住宅実例

各居室はそれぞれテーマカラーを決めて、壁を一面だけその色に。子ども部屋はピンク色にしているが、「娘がもう少し大きくなったら、また違う色に変えてもいいですね」と、これからの変化も楽しみにしている

注文住宅だから、予算の配分も思い通り

家づくりは順調に進み、「これがいいかな、とひとつずつ選んでいったものが最終的にまとまって『こんな感じになるんだ!』ってワクワクしました。リビングの本棚は、棚板の大きさも間隔も、持っている本に合わせてオーダー。お気に入りのものを並べた中で暮らしたい、という夢もかないました」。こだわるところには予算をかけて、自分が納得できるところはグレードを落とすなどしてコストを調整。それができたのも、注文住宅だからこそ。すべて自分で選んだせいか、実際に暮らしてからも後悔するところが何もないそうです。
「特に首都圏の都市部在住者は、『注文住宅なんて高くて無理』というイメージを持っていると思います。予算が少ないと『いいお客じゃないから冷たくされそう』って。私の場合は、スーモカウンターから紹介してもらうことで、『後ろ盾ができた』と安心できました。最初からあまり決めつけずに、物件を絞り込む前の早めの段階で、スーモカウンターに行ってみてもいいかもしれませんね」

ライトアップされたリビング/注文住宅実例
吹抜けからの採光が抜群なリビング/注文住宅実例

入居後しばらくしてから保護猫を譲り受けたBさん。念願だった猫との暮らしは「甘やかし放題です」と笑う。 ピクチャーレールでお気に入りの絵を飾り、ライトアップ。昼と夜で異なる表情が、それぞれに魅力的だ

取材・文/伊東美佳 写真/ご本人

DATA

Yさんが建てた注文住宅の外観

土地面積 約41㎡
延床面積 約57㎡
建築費 1800万~1900万円
間取り 1SLDK
世帯構成 本人(30代)、長女(10代)

Yさんが建てた注文住宅の間取り

スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター船橋FACE店
紹介された建築会社数 4社
受けたサービス 個別相談、ダンドリ、お金…初心者必見!土地探しから建てるまで講座