フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

子どもが思いきり遊べる、スキップフロアのある平屋の家

茨城県の注文住宅事例;リビング

子どもが生まれたタイミングで、家族がのびのびと笑って過ごせるような家にしたいと思い立ち、家づくりをスタートさせた茨城県Sさん。将来のことも見据えてフラットな間取りを希望し、平屋プランに。スキップフロアで空間を上手にゾーニングした工夫いっぱいの家づくりについてお話をお聞きしました

アドバイザーに予算額を教えてもらい、柔軟性のある依頼先に決定

「以前はアパートで暮らしていたため、子どもが遊んでるときなど声が近所迷惑にならないかと神経質になりがちでした。周囲に気兼ねなく子どもを遊ばせたいと思い、家を建てることに。初めは漠然と不動産情報などをインターネットで調べたり、雑誌やSNSで建てたい住宅のイメージを想像してみたりしましたが、家を建てるには何から着手していいのかよくわかりませんでした」

そんなSさんは、フリーペーパーに掲載されているスーモカウンターの広告を見て、個別相談に行ってみることに。

ワンフロアで完結する生活動線で、フラットな平屋のプランを希望していたというSさん。アドバイザーが要望や予算に合った住宅メーカーを6社リストアップし、その中から3社と面談に進んだ。それぞれの会社との打ち合わせ後に、相談内容の再確認や、細かな相談などもアドバイザーにその都度電話で聞き、参考にしていたという。どれもSさんの要望をかなえてくれそうな会社ばかりで迷ったが、プラン面と予算面で柔軟性のある会社に依頼することを決定。土地も建築会社の紹介で見つけた。

「予算も何となく2000万円くらいかなと根拠もなく思っていたのですが、スーモカウンターではアドバイザーの方が年収からローンの借入金額をシミュレーションして、妥当な予算額をアドバイスしてくれました。そのおかげで、予算のイメージを掴んだ上で見積もり依頼ができたので、会社選びもスムーズでした。また、住みたいエリアは決めていたので、土地探しは住宅メーカーに相談して決めたほうがいいということも教えてくれました。土地の価格の相場もよくわかっていなかったので、心強かったですね」

スキップフロア

スキップフロア下のスペースは、レンガ調の壁紙で秘密基地のようなしつらえに。おこもり感のある空間で、ゲームなどを楽しんでいるそう。「子どもの一番のお気に入りの場所。家族がテレビを見たり、ゲームをしたり、それぞれのことをしていても会話ができるのがいいですね」

スキップフロアでLDK空間を緩やかにゾーニング

「高齢になると階段の登り降りが億劫になって2階を使わなくなるという話を聞いたので、将来のことを考えて平屋を希望しました」

フラットな間取りながらもリビングはスキップフロアで区切り、緩やかにつながりのあるオープンな空間にした。また勾配天井にはシーリングをつけ、リビングの窓側には大きなハンモックをつるすなど、アメリカのビンテージのテイストを取り入れて、Sさんのこだわりが詰まったプランに。お掃除ロボットがスムーズに動けるように、脚付きのものは最小限に抑える工夫も。

また、寝室と子ども部屋には扉を設けてパーソナルな空間もきちんと確保し、パブリックとプライベート両方のバランスを取っている。

スキップフロア;寝室;キッズスペース

スキップフロアは畳スペースにして、来客用の寝室として利用できるようにした。普段は子どものプレイスペースとしても大活躍。LDKからは見えないため、壁紙も個性的なものをセレクトして、遊び心のある空間に。畳スペースにいてもLDKにいる家族と会話を楽しめる

居室ごとにこだわりの壁紙でアクセントを

居室ごとの雰囲気を変えるために、壁紙選びにもこだわったというSさん。家全体の色みを白やグレーをベースにして統一感を出しながら、各居室の個性が出るようにコーディネートしているので、居室ごとの個性はありつつも、まとまりがある。

寝室

寝室はブルーの花柄を基調とした落ち着いた空間に。写真右側のロールカーテン部分は階段下収納になっており、季節物をたっぷりしまえて便利

ウォークインクローゼット

寝室にある広々としたウォークインクロゼットには、家族全員分の洋服を収納

子供部屋

子ども部屋は子どもたちが成長しても違和感のないようシンプルなグレーの壁紙をセレクト。双子なので、窓やベッドをシンメトリーに配置。それぞれのスペースとして使えるようにしている

キッチン

白を基調にしながら、一部の壁にグレー、キッチン家電に赤の差し色を入れてスッキリとしたオープンキッチン。コンロまわりは白のコラベルタイルを張り、ニュアンスのある雰囲気に。妻の身長に合わせて、キッチンの高さは90㎝にし、カウンターを立ち上げて手元が見えないように工夫した

楽しみながら、自分たちの理想の家づくりができた

「新居では、アパートのころのようなストレスがなくなり、家族みんながのびのびと生活できています。子どもたちが家の中でより走り回るようになりました。洗濯をする時間帯も気にしなくていいのも嬉しいですね。フローリングをメンテナンスしやすくコーティングした半むくにしているので、夏は涼しくて冬は暖かくて快適です」

玄関

オープンな玄関収納。たっぷり靴を収納できるだけでなく上着などもかけられるため、お出かけ用アイテムをまとめてしまえる。玄関を入ってすぐのところに洗面スペースを設けて、帰宅後すぐに手洗いができるように。また、隣のトイレに手洗い器を置かずに済んだ

「家づくりは『楽しかった』の一言に尽きます。営業さん、設計士さん、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせを通じて、自分たちの理想が形づくられていく過程が本当に楽しかったですね。スーモカウンターは、自分たちの要望を詳細に聞いて、要望や予算に合った建築会社を提案してくれたのはもちろんですが、会社選びの段階で必ず初期設計図を出してもらうなど、建築会社の選び方についてのアドバイスもしてくれたのもありがたかったですね。毎月、スーモカウンターの審査を通った建築会社だけを紹介していると聞いて、安心感もありました。家づくりについて何も知らなくても、一から丁寧に教えてもらえたので、あれこれ考えずひとまず行って相談してみて正解でした」

Sさんは今までの悩みを解決し、さらに家族みんながのびのびとできる暮らしを楽しんでいる。

取材・文/金井さとこ 写真/相馬ミナ

DATA

土地面積 265㎡
延床面積 89㎡
建築費 -
間取り 3LDK
世帯構成 夫(30代)、妻(30代)、長男(5歳)、次男(5歳)
スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター水戸エクセルみなみ店
紹介された建築会社数 3社
受けたサービス 個別相談