フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

家事動線◎!収納たっぷりでスッキリと片付き、居心地のいい空間

茨城県の注文住宅事例;リビング

茨城県にある夫の実家で同居していたSさんは、子どもが生まれて手狭になったため、広々した注文住宅を建てることに。料理好きの妻こだわりのキッチン、パントリーやウォークインクロゼットなどのたっぷりの収納スペースなど、スッキリとシンプルにコーディネートされた家での心地よい暮らしについてお伺いしました

営業担当と波長が合い、打ち合わせに集中できる建築会社に依頼

「結婚後は実家で暮らしていたのですが、子どもが生まれたことや、増税前ということもあって、家を建てることに。すぐに展示場などに足を運んでいろいろな建築会社のモデルハウスをとにかく見に行っていました。でも、なかなかピンとこなかったこともあって、以前から知っていたスーモカウンターに行ってみることに。どこの建築会社が自分たちに合っているか教えてもらいたかったので、アドバイザーの方に自分たちの理想やかなえたい要望などを全て伝えました」

そして、アドバイザーから4社の建築会社を紹介してもらい、面談しました。

「プランを自由設計できる会社が良かったので、まずフリープランを対応している2社に絞り込みました。最後の1社に絞り込むのは悩みましたが、長いお付き合いになるので営業担当との相性を大事にすることに。それから、たまたま会社の上司が最終的に依頼した建築会社で家を建てたことがわかり、訪問して実例を見に行けたのでイメージもしやすかったです。また、依頼した会社は保育士さんがいる託児スペースがあって、当時子どもがまだ1歳くらいだったので、打ち合わせに集中できたのもありがたかったですね」

土地は依頼先の建築会社にも紹介してもらったが、最終的には自分たちで見つけて購入した。

リビング

リビングの壁を一面だけ調湿作用のある壁材 。「一面だけデザイン性のあるタイルにしてニュアンスをつけました。上に取り付けたスポット照明が当たると、タイルに陰影が出て、雰囲気のある空間に」

依頼先の建築会社と間取りプランを詰めていったSさん。

「休日はリビングで過ごすことが多いため、ゆったり過ごせる空間にしたいと思っていました。だから、インテリア全体は白を基調に同系色まとめて、壁紙などの建材の質感を所々変えてアクセントをつけて、シンプルだけどデザイン性のある空間にこだわりました」

また、メンテナンスが面倒だと思い、床材はフローリングを希望していたが、依頼先の建築会社からの提案でむくのフローリング(オーク材)を採用することに。

「床暖房をつけるか迷っていたところ、担当者には『つけたほうがいいですよ』とアドバイスをもらいました。実際住んでみたらとても暖かくて、冬はエアコンいらずで快適だったので、提案してもらって本当に良かったです」

考え抜かれたスムーズな動線で、家事ラクを実現

「料理が好きなので、キッチンにはこだわりました。スッキリとした空間にしたかったので、白色のシステムキッチンをセレクト。レイアウトにもこだわって、料理と洗濯を同時にこなせるスムーズな家事動線になるよう、水まわりを一直線上に配置してもらいました。また、洗面室に洗濯物を干したくなくて、一つの空間として独立している家事室が欲しかったので、キッチンに隣接したところにランドリルーム兼家事室を設けました」

引き戸を閉めれば、リビングダイニングからは生活感の出る洗濯物が見えないため、スッキリとしたインテリアをいつでもキープできる。

また、客間としても使える畳スペースを玄関からダイレクトにアクセスできるようにするなど、普段の生活動線をしっかりイメージして細部までこだわり抜き、無駄なくスムーズな間取りを実現した。

キッチン

白をベースにしたキッチン空間。背面の壁はコラベルタイルにしてアクセントに。水まわりは掃除しやすいようタイルを採用した

キッチン

電子レンジはキッチンの横に置くスペースを設けて、リビングから見えないようにすることで、圧迫感がなくなりスッキリ。「冷蔵庫はリビングダイニングから飲み物を取りに来やすいように、動線を考慮して配置しました」。キッチン横の窓はプライバシーを確保しつつ、デザイン性を考えてスリット窓に

ランドリールーム;家事室

一番こだわったというランドリールームを兼ねた家事室は毛布や布団も干せるくらいのスペースを確保。二面採光で悪天候の日でも明るい

和室

リビングに隣接した畳スペースは玄関からもダイレクトにアクセスできる動線に。将来、家庭訪問など来客がある場合に案内しやすくした。「キッチンからも見えるので、子どもが遊んでいる姿を確認できて安心です」

大容量の収納スペースを確保し、片付けが習慣化

「今まで夫の実家で暮らしていて、自分たちのものは自分たちの部屋に収納していたこともあり、ものをどれくらい持っているのか、必要な収納量がある程度わかっていました。建築会社の担当者にも、例えば、ウォークインクロゼットは3畳以上欲しいというように、明確に要望を伝えました」

片付けを意識した収納を設けたことで、家を汚さないようにと自然と片付けるようになり、スッキリした状態をキープできるようになったのだそう。

パントリー

広々としたパントリー収納には、食料ストックなどをしまっている。レンガ調の壁紙を張って、倉庫のような雰囲気に

ウォークインクローゼット

寝室にあるラグジュアリーな雰囲気のウォークインクロゼット。壁紙や照明にもこだわり上品な空間に。大容量なので洋服もたっぷりしまえる

洗面室

洗面室には着替えやタオルなどをしまえる収納スペースに。洗う、干す、しまうの動線がコンパクトになって使いやすい

プライベートな空間は、遊び心をプラス

ラグジュアリーなホテルのようなしつらえの寝室やマリンテイストのトイレなど、プライベートなスペースはテイストをガラリと変えて遊び心のある空間に。各居室のデザインも細部までこだわり、思い通りの家を完成させた。

寝室

好きなドラマの寝室をイメージした主寝室。アクセントウォールは落ち着いたグレーをセレクトし、モザイクタイルや間接照明などホテルのような上品な空間にしつらえている

トイレ

2階のトイレはビーチのような爽やかな水色と白木の腰壁が印象的

スーモカウンターに相談して、間取りもデザインも大満足な家に

「新居になってからは、とても家事がしやすくなりました。自分たちの普段の生活動線に合わせた間取りプランになっているので、家の中での動きも無駄がなくなった気がします。また、むく材のフローリングと床暖房のおかげで冬はエアコンをつけなくてもポカポカで、夏も素足でひんやりと気持ちが良かったですね。暮らしがとても快適になりました」と、笑顔で話すSさん。

「スーモカウンターは、どんな暮らしがしたいかや家づくりの要望についてなど、自分たちのことをしっかりと理解した上で、要望をかなえてくれる建築会社を紹介してくれたので、設計の自由度が高く、信頼できる会社と出会うことができました。そして、フレキシブルに対応してくれたおかげでインテリアのデザインも自分たちの好みのテイストにとことんこだわることができました。おかげで家にいる時間が楽しく、居心地も抜群です」

スーモカウンターをきっかけに、ライフスタイルにフィットした家づくりをかなえたSさん。ストレスフリーで心地いい暮らしを満喫している。

取材・文/金井さとこ 写真/相馬ミナ

DATA

f:id:SUUMOCOUNTER:20191205151225j:plain

土地面積 218
延床面積 132㎡
建築費 2600万円
間取り 4LDK
世帯構成 夫(30代)、妻(20代)、長男(2歳)
スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター水戸エクセルみなみ店
紹介された建築会社数 4社
受けたサービス 個別相談