フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

子どもが元気に駆けまわる!リビングを真ん中に据えた、家族が笑顔で暮らせるわが家

福岡県の注文住宅実例;リビング

以前は社宅に住んでいた福岡県のKさんご家族。子どもが産まれ家族が増えたことと、このまま社宅暮らしを続けていると家賃が高くなることを考えて家づくりの検討をスタート。そんな子育て家族のマイホームへのこだわりを伺った

会社選びの決め手は、予算を考えた実現可能な提案

マイホームを検討するにも、何から始めたらいいかわからなかったと話すKさん。「まったく何もわからない状態で家づくりを考えていたころ、たまたま出かけて行ったショッピングセンターでスーモカウンターの前を通りかかりました。テレビCMを見て気になっていたので、少し話を聞いてみたいと思い寄ってみました」

自分たちが住みたいエリアや予算を伝え相談したところ、地元の工務店など3社を紹介され訪れることに。

「希望の土地で建てた場合、予算的に厳しく資金計画を見直したほうがいいと言われた会社があり、注文住宅は厳しいかと一時は思いました。その中で『土地から探しましょう』と提案してくれたのが、最終的に依頼を決めた会社。ここなら実現可能だと、家づくりを決断することができました」

Kさんがイメージした理想の家は『家族が笑顔で暮らせるわが家』。「床面積に制約がある中で、段差や間仕切をなくして広がりが感じられる間取りを依頼。また、家に帰ってきたら必ず家族が顔を合わせられるよう、リビング階段を取り入れました」

完成したマイホームは、玄関ホールから室内に入るとLDKを中心とした明るい空間が広がり、廊下などの無駄なスペースがない。さらに白を基調としたコーディネートで、面積以上の開放感が感じられる。

玄関

壁面いっぱいの収納に加えて、ホールにもシューズボックスを備えた玄関。折り戸を開放することで出し入れがしやすく、ベビーカーやレジャー用品なども楽々収納。シューズボックスにはスリッパ類と使い分けられる

リビングダイニングキッチン;リビング階段

1階はLDKを中心に据えたパブリックな空間。リビング階段を上がると、主寝室や子ども部屋などのプライベートスペースになっている。開放的な間取りながら、リビングはエアコン1台で夏冬ともに快適に過ごせる

キッチン収納はモデルハウスを参考にして大正解!

対面式キッチンの後ろの壁面は、スクリーンパーテーションを採用した収納でスッキリ。「モデルハウスを参考にして取り入れたお気に入りの空間です。半透明で圧迫感がないうえ大容量なので何でも仕舞え、まだまだ余裕があります。コンセントも多数用意したので、冷蔵庫などの家電やウォーターサーバーも収まっています」

食器類をはじめ食品のストックや調理家電など、とかく生活感が出やすいキッチン。またホコリや油などの汚れも気になるところ。それが引き戸を採用することで使うときには開放して取り出しやすく、普段はスクリーンパーテーションを閉めることで汚れ防止にもなっている。

キッチン

壁一面にしつらえたキッチン収納は、使わない時はスクリーンパーテーションでスッキリとした印象に保てる。内部には可動棚を多数用意しているので、手持ちの家電の高さに合わせて細かく調整できるのもうれしい

さらに共働きのKさん夫婦にとって、家事が効率よくこなせる生活動線も笑顔で暮らすための重要ポイント。

キッチンの右手に洗面脱衣室と浴室があり、料理の合間に洗濯をしたり、子どもの着替えをサポートしたり。広い洗面脱衣室にはハンガーパイプや引き出しを備えた収納も用意。「階段下を利用したのですが、思いのほか広くて便利。日常使いの衣類はここに収納できます。オール電化の蓄電池もぴったり収まりました」

洗面脱衣室

大理石調の床で清潔感あふれる洗面脱衣室。クロゼットは扉をつけずオープンスタイルにすることで使い勝手が良く、洗濯物を仕舞う際にも便利。奥の階段下部分には引き出し収納(右奥)と蓄電池(左奥)が収まっている

細部まで自分の好みで選び、注文住宅の良さを実感

Kさんに家づくりの感想をうかがうと「思った以上に自分たちで決めることが多いのに驚きました」。キッチンや浴室など大きな住宅設備から、床材や巾木など細かな部分の素材や色決めなど。「物を表に出さずスッキリした暮らしがしたかったので隠す収納にこだわりました。中に収める物を考え、内部にコンセントを設けるなど細かく指示。大変な反面、家が建つにつれてマイホームの実感がわいてきました」

水まわりの設備機器を決める際には、メーカーのショールームに施工会社のスタッフと出かけ、実際に使い勝手を体験して検討。「グレードの高いものが予算に組み込まれていたので、設備選びで妥協することなく思い描いたとおりにできました。オール電化で太陽光発電も取り入れたので、入居後の光熱費が抑えられるのもいいですね」

家づくりを始める人へのアドバイスは「自分の思っていること、考えていることを実現してくれるハウスメーカーや工務店を見つけてほしい」とKさん。

会社側の都合や方針を押し付けるのではなく、あくまでも施主の立場に立ってサポートしてくれる会社選びが家づくり成功の秘訣のよう。「スーモカウンターではお金のことから基本的な話までいろいろとしてくれて不安が解消できるので、これから家づくりを始める人にオススメです。気軽に行ってみてもらいたいと思います」

寝室

他はすべて白を基調にした明るいコーディネートで統一した中で、主寝室のみ茶系のクロスやフローリングでシックな雰囲気に。設計段階からTVは壁掛けスタイルを想定したので配線類もスッキリ収まっている

子供部屋

将来を見据えて1ルーム2ドアの広々洋室にした子ども部屋。クロゼットも2カ所あり、仕切って使う際にも便利。この他にも独立した約5畳の洋室を設けているので、柔軟な使い方ができそうだ

間取り&収納の工夫でコンパクトでも広々空間を実現

基本プランは4LDKで総2階スタイルのK邸。「子どもが元気に駆けまわっている様子を見て、この家を建てて良かった」とKさん。家族だんらんの場である広々リビングルームを中心に据えた間取りが、家族のコミュニケーションを育んでくれるよう。

さらにリビングルームに隣り合わせて配された和室は、小上がりにせず段差のないフラット仕様に。面積以上の広がりが感じられ、部屋の隅々まで自然光が注ぎ明るい空間になっている。そこには豊富な収納スペースがあることも重要なポイント。こまごまとした日用品が収まり、室内をいつもスッキリとした印象に保てる。

K邸はエクステリアも建物としっくりと調和し、季節を感じられる植栽が訪れる人を迎えてくれる。「一戸建てを実現して、これから屋外でのバーベキューなどやりたいと思っています」

子どもの成長とともに家での暮らし方も変化し、マイホームへの愛着が深まっていく。

和室

子どもの遊び場やお昼寝時に重宝する和室。2枚の引き戸を袖壁に引き込めばLDKと一体で使え、キッチンからも目が届く。建具で仕切れば来客用の寝室にと、多目的に使え何かと重宝しそう

取材・文/崎間恵子 写真/河波隆博

DATA

f:id:SUUMOCOUNTER:20200120183447j:plain

土地面積 139㎡
延床面積 103㎡
建築費 2000万~2500万円
間取り 4LDK
世帯構成 夫(30代)、妻(20代)、長男(2歳)
スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンターイオンモール福岡店
紹介された建築会社数 3社
受けたサービス 個別相談