フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいたお客様の
実例・事例をご紹介します。

2人の希望が明確になり、2カ月で依頼先決定!

f:id:azsfj0808:20180324114715j:plain

憧れは「自分たちらしさ」を出せる注文住宅。しかし、夫婦間で家づくりの要望がなかなかまとまらずに、 依頼先を決められないでいたYさん夫妻。スーモカウンターへの相談で動き出した家づくりストーリーをご紹介します。

2人の目線を合わせて家づくりをスタートできた

「自分好みのオンリーワンな家に住みたい!」そんな思いから注文住宅を建てることに決めたYさん夫妻。しかし、「2人で家づくりについて話をしたことはなく、要望や予算もふんわりした状態」だったといいます。

まずは家づくりの基本を学ぼうと、スーモカウンターを訪れたYさん夫妻。「アドバイザーの質問に答えるうちに、お互いのこだわりが明確になってきました」と妻。その後、試算してもらった予算内で、デザインなどの相性が良い会社をセレクトし、2人の目線を合わせることで、短期間の検討で納得の1社を決めることができました。

f:id:azsfj0808:20180324115013j:plain

ダイニングのポイントは、お気に入りの輸入壁紙 を張ったキッチンカウンター。家具や照明も壁紙のテイストに合わせてセレクト

f:id:azsfj0808:20180324120700j:plain

スキップフロアのリビングは、ソファに座ると1 階ダイニングと目線が合う高さ。別々の場所でも家族の存在を感じられる

f:id:azsfj0808:20180324120722j:plain

スキップフロア下につくった妻の おこもり部屋。ゆっくりと読書を 楽しむお気に入りのスペース

f:id:azsfj0808:20180324120812j:plain

鞄やストールも収納でき、ここだけで着替えが完了。家族の空間なので壁紙は遊び心満載

f:id:azsfj0808:20180324120841j:plain

夫婦の趣味である自転車や雨具などを収納。140cmと低めの入り口が、目隠しの役目を担っている

スーモカウンターを活用して

アドバイザーが希望を引き出してくれたので、夫婦の家に求めることがしっかりとまとまりました。目線がそろったので、依頼先も短期間で決定。その分、詳細な打ち合わせができ、大満足の家づくりでした。

~Yさんの家づくりストーリー~
Yさんが家を建てようと決めてから完成までの約1年3カ月間、どのように家づくりを進めていったのでしょうか? その軌跡をたどります。
  • 2016.8
    子どもが生まれたことをきっかけに、漠然と家を建てようと考え始める
    子どもが小学校に上がる前までに家を建てられたらと思い始める。しかし、家づくりについて、頭金はいくら必要か、どのように進めるのか、何もわからず、まずはスーモカウンターで聞いてみようと訪問
  • 2016.9
    家づくりについて相談するうちに、今でも家を建てられることに気付く
    「建築費用のほかに諸費用がかかることも知らなかった」とNさん。お金の話やスケジュール、希望のプランなど話をしていくうちに、今でも注文住宅を建てられることがわかり、建築会社を探すことに
  • 2016.10
    希望のプランをかなえてくれそうな会社を3社、紹介してもらう
    たくさんあるファイルの中から、自分たちが希望する屋上プランが得意な会社を紹介してもらう。ほかにも家から近くて行きやすい狭小住宅が得意な会社など計3社を紹介してもらい、検討することに。
  • 2016.11
    2社のモデルハウスをじっくり比較。希望の家を建ててくれる1社に決定
    屋上プランと狭小プランの2社のモデルハウスを見学。「屋上と畳のダイニングが気に入って」と最初に見たモデルハウスの会社に決定。土地もエリアを広げ、妻の実家に近いところで紹介してもらえた
  • 2017.4
    カウンター訪問から約8カ月。念願だった屋上と畳のある家が完成!
DATA

f:id:SUUMOCOUNTER:20180416115539j:plain

敷地面積 198.51m2
延床面積 116.34m2
1階床面積 59.62m2
2階床面積 56.72m2
世帯構成 夫(41)、妻(39)


取材・文:笹林司 写真:広川智基

「SUUMOの注文住宅」2016年11月号から転載