フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいたお客様の
実例・事例をご紹介します。

憧れの屋上となじみある畳と家族の笑顔がある家

f:id:azsfj0808:20180324151317j:plain

「家を建てるのはもう少し先」と思いながらも、情報を集め始めたNさん。そんなNさんが希望を実現してくれるパートナーに出合い、大満足の家を建てるまでのストーリーをご紹介します。

家族や友人とくつろげる使い勝手良いダイニングと屋上

畳と屋上にこだわって家を建てた Nさん。「2人ともテーブルに椅子で食事をする習慣がなく、慣れ親しんだ床に座って食事をする生活をしたかったんです」。そんな2人が選んだのは、カウンターの前にしつらえた小上がりの畳のダイニング。キッチンの壁とダイニングの間は 65cmと足を下ろせるスペースを設け、ダイニングに腰かけて、カウンターで軽食を取ることもできます。また、念願だった屋上も設けました。「昨日もここで友だちを呼んで焼鳥パーティーをしていたんです(笑)」と話すNさん。
引っ越して4カ月。新しい家での生活を存分に楽しんでいるようです。

f:id:azsfj0808:20180324151422j:plain

子どもが大きくなっても「毎日顔を見たいから」とリビングイン階段を選択。これなら子どもが外から帰ってきたとき、必ず顔を会わせることができる

f:id:azsfj0808:20180324151601j:plain

夫婦共に料理をするNさん。キッチンは2人で使用しても十分な広さを確保し、念願だったカウンター式に。勝手口や床下収納を設け、使い勝手もいい

f:id:azsfj0808:20180324151807j:plain

「男の隠れ家」ともいえる屋根裏は夫の書斎スペース。約7.7畳の広さがあり、窓から差し込む光で小屋裏といえども明るく広々

f:id:azsfj0808:20180324151923j:plain

近隣は低層の住宅地が広がるエリアなため、見晴らしもよく、プライバシーも保てる屋上では、友人や家族を招いて楽しんでいる

スーモカウンターを活用して

「まだ、真剣に考えていたわけではなく、わからないことを教えてもらうくらいの気持ちでしたが、5年後と今といつ建てた方が良いか決断できるようなアドバイスを頂き、今、家を建てる決心がつきました」

~Nさんの家づくりストーリー~
Nさんが家を建てようと決めてから完成までの8カ月間、どのように家づくりを進めていったのでしょうか? その軌跡をたどります。
  • 2016.8
    子どもが生まれたことをきっかけに、漠然と家を建てようと考え始める
    子どもが小学校に上がる前までに家を建てられたらと思い始める。しかし、家づくりについて、頭金はいくら必要か、どのように進めるのか、何もわからず、まずはスーモカウンターで聞いてみようと訪問
  • 2016.9
    家づくりについて相談するうちに、今でも家を建てられることに気付く
    「建築費用のほかに諸費用がかかることも知らなかった」とNさん。お金の話やスケジュール、希望のプランなど話をしていくうちに、今でも注文住宅を建てられることがわかり、建築会社を探すことに
  • 2016.10
    希望のプランをかなえてくれそうな会社を3社、紹介してもらう
    たくさんあるファイルの中から、自分たちが希望する屋上プランが得意な会社を紹介してもらう。ほかにも家から近くて行きやすい狭小住宅が得意な会社など計3社を紹介してもらい、検討することに。
  • 2016.11
    2社のモデルハウスをじっくり比較。希望の家を建ててくれる1社に決定
    屋上プランと狭小プランの2社のモデルハウスを見学。「屋上と畳のダイニングが気に入って」と最初に見たモデルハウスの会社に決定。土地もエリアを広げ、妻の実家に近いところで紹介してもらえた
  • 2017.4
    カウンター訪問から約8カ月。念願だった屋上と畳のある家が完成!
DATA

f:id:SUUMOCOUNTER:20180418175450j:plain

敷地面積 175.20m2
延床面積 106.82m2
1階床面積 50.51m2
2階床面積 52.17m2
PH階 4.14m2
屋根裏 14.07m2
世帯構成 夫(32歳)、妻(31歳)、 長女(1歳)、愛犬


構成・取材・文:小林真弓 写真:和田真典

「SUUMOの注文住宅」2017年9月号から転載