フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

インドア派一家がくつろげる、LAN環境の快適さを追求した家

f:id:mucchiononta:20181204160338j:plain

京都でパソコンサポートの会社を経営するKさん夫婦。長女夫婦と愛犬と暮らす事務所兼住宅には、『パソコンのプロ』ならではのこだわりがいっぱいです

テレビやパソコンの視聴環境が最優先

南側に日差しを遮る建物もなく、明るく広い恵まれた敷地に建つKさんの事務所兼住宅。しかし意外にも、リビングの南には縦長の小さな窓がいくつかあるだけ。

「建築会社から提案されたプランにはどれも、南側にワイドな窓がありました。でも、『そんなに日差しが欲しいか』改めて考えてみると、妻も、同居する長女夫婦も『むしろ要らない』という答えだったんです」とKさん。

『全員がインドア派』というK家にとっては、日当たりよりも、テレビやパソコンの視聴環境が大切だったそう。「光が入ったほうがいいことが何も思い当たらなくて。光が反射すると画面が見えにくくなるし、南側全面を壁にしたかったくらい。建築基準法上必要だと言われたので最小限の窓はつけましたが、もしかしたらあまり一般的ではないのかもしれませんね」と笑うKさん。

『自分たちにとって何が快適か』にこだわった家づくりのお話を伺いました。

f:id:mucchiononta:20181204160330j:plain

リビングの床面積をできるだけ広く残したくて、キッチンは対面式ではなく壁付け式に。来客時にはロールスクリーンを下して生活感を減らせる

事務所兼住宅を建ててくれる会社が見つからず、スーモカウンターへ相談に

Kさんがマイホームを建てることにしたのは、事務所ビルの建て替えがきっかけ。移転を余儀なくされ、妻の父が持っていた土地に事務所を建てることになりました。

「事務所近くの分譲マンションに住んでいたので、『自宅と職場は近いほうがやっぱり便利。いっそのこと住宅も併設しよう』という話になったんです。でも、マイホームを建てるなんて全く考えていなかったので、『どうすれば家が建つか』がわからなくて。

とりあえず目に留まった住宅会社を訪れてみたものの、事務所兼住宅は取り扱っていなかったり、扱っていても予算が高すぎたり。ネットで調べていると、CMで存在を知っていたスーモカウンターが近くにあることがわかり、予約を入れて訪問。

そこで、マイホームを建てる手順と、条件に合う会社を3社教えてもらいました。実は当初は、妻の実家で付き合いがあった工務店に頼むことも考えてはみたのですが、知り合いだからこそ、何かの行き違いでトラブルになっても困ります。スーモカウンターの紹介だと、条件が合わなければ、アドバイザーに伝えるだけで簡単に断れるから安心。そういうビジネスライクなところもいいなと思いました」

間取りの絶対条件は「夫婦それぞれに仕事部屋兼用の個室」と「リビングの床面積を広く」

思いがけずマイホームを建てることになったKさん。『こんな家を建てたい』という希望が特になかったので、最も坪単価が安かった1社を選択。当時住んでいた分譲マンションの間取りに、自分たちのこだわりをプラスマイナスしていく形でプランニングを始めました。

「LDKは広さを優先したいから、対面式ではなく壁付け式キッチンに。南側の窓は最小限にして光を抑え、朝が苦手な長女の部屋には東向きの窓を用意。玄関にはゆとりを求めなかったので、必要最低限の広さに。家族全員がシャワー派なので、浴室は無くすことも考えましたが、震災などの非常時用に残すことに。一方、一日に何度も使うトイレは快適性を重視し、幅を標準サイズの90cmから110cmに広げてもらいました」

そして、何より外せない条件は、仕事も趣味もパソコン関係の夫婦それぞれに、仕事部屋兼用の個室をつくることでした。

f:id:mucchiononta:20181129164639j:plain

動画撮影のスタジオも兼ねた夫の個室。これだけのカメラやパソコン、周辺機材を置いても、壁面設置を基本にしているので、足元はすっきり

f:id:mucchiononta:20181129164643j:plain

壁一面に一枚板のカウンターを造り付けた妻の個室。こちらも大型モニターを取り付けるなど壁面を有効利用しているので、カウンターと床面が広く使える

コンセントの数と高さ、LANケーブルの配線など、各種配線にこだわって

パソコンサポートの仕事をする中で、LAN環境の不備が原因のトラブルに度々出合っていたKさん。自宅を建てる際には、間取り以上にLAN環境の整備にこだわりました。

各部屋に有線LANを用意し、壁の中に納める配線には、高速信号転送のための規格であるカテゴリー5e以上のケーブルを使うなど、プロならではの細かい配慮を行いました。

さらに、大型モニターなどの機器類を壁面に直付けできるよう、すべての壁に下地材を足して補強。コンセントは当初の倍の数を、使いやすい高さに設置しました。

「浴室のスピーカーは、Bluetooth対応のものが多かったのですが、無線だと将来的に仕様が変わって使えなくなる可能性も考えられます。そこはあえて有線にしました」間取りや設備以上に、LAN環境の充実にこだわり、自分たちが求める何よりの快適さを手に入れました。

f:id:mucchiononta:20181129164648j:plain

洗面室の収納棚に、浴室のスピーカー用オーディオケーブルのコンセントを用意

f:id:mucchiononta:20181129164655j:plain

長女夫婦の部屋の壁にも下地材を入れて補強。モニターを壁付けにして、床面積を確保した。ドアには愛犬の出入口も

f:id:mucchiononta:20181204160315j:plain

使用頻度を考えて、居心地の良さにこだわったトイレ。幅も奥行きもゆったり

取材・文:伊東美佳、写真:河原大輔

DATA

f:id:mucchiononta:20181129164709j:plain

土地面積 384m2
延床面積 155m2
建築費 2500万~3000万円以内
間取り 3LDK
世帯構成 夫(40代)妻(40代)長女(23歳)長女夫(29歳)
スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター イオン久御山店
紹介された建築会社数 3社
受けたサービス 個別相談