フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

憧れのプロヴァンステイストの明るい空間で、ゆったりとした暮らしを楽しむ

千葉県の注文住宅実例

「持ち家なら戸建てにしたい!」と、千葉県流山市に家を建てたHさん夫妻。妻の憧れだった白を基調としたプロヴァンステイストに統一された明るい空間での暮らしぶりをご紹介

信頼できる営業担当者との出会いで、依頼先を決定

入籍をして賃貸マンションで暮らしていたというHさん夫妻は、結婚式を終えてひと段落したタイミングで家を建てることに。

「元々地縁のないエリアでしたが、同僚がつくばエクスプレス線「流山おおたかの森」駅に住んでいて、遊びに行ったときに住みやすそうな街だったのと、妻の実家に近いところにしたかったので流山エリアにしました。二人とも実家が戸建てで、家を買うならマンションではなく戸建てにしたいというのは一致していたのですが、建売住宅にするか注文住宅にするかは迷いました。そんなときに会社の同僚からスーモカウンターを紹介されて、建売と注文の違いについて教えてくれるということで行ってみることにしました」

アドバイザーからのレクチャーで注文住宅の性能面やプランの自由度に魅力を感じたというHさん。予算やデザインテイストの希望を伝え、紹介してもらった6社全てと面談したそう。

「妻が白壁に明るいオレンジ屋根が特徴のプロヴァンス風のデザインを希望していたので、初めはデザインのテイストが一番好みの会社に決めようと思っていたのですが、最後にきちんと比較してから決めたいと、別の会社をもう一度検討してみることに。その会社の担当者が知識が豊富で引き出しの幅が広く、レスポンスも早くてとても信頼できたので、その会社に依頼することにしました」

白をベースにしたプロヴァンステイストで空間をコーディネート

インテリアとエクステリアは白を基調としたプロヴァンス風のデザインでコーディネートした。リビングの壁の上部に窓を効果的に配置したり、すりガラス付きの室内ドアにするなどの工夫で、白の内装に光が反射してより明るい空間を実現。

「家族が集まるところはみんなが顔を合わせられるようにしたかったので、LDKの真ん中にリビング階段のあるプランにしました。建築会社の提案で、リビングと洗面室両側に階段下収納スペースもつくりました。また、リビング階段の壁の圧迫感が出ないように一部をくり抜いて抜け感の演出も」

白を基調としたプロヴァンステイストの明るいLDK/注文住宅実例

白を基調とした明るいLDKはリビング階段の壁を抜いて、抜け感を演出。R状にすることでやわらかい雰囲気に

また、以前住んでいた賃貸マンションでは壁付けのキッチンだったため、対面キッチンを採用。

「最初はアイランドキッチンを希望していたのですが、キッチンが全部見えてしまうことや、空間が狭く感じてしまうことから、ペニンシュラ型のカウンターキッチンに。料理をしているときでも夫とも会話を楽しめたり、子どもが寝ていたりしている様子も見られるので安心です」

木目調が明るい印象のペニンシュラ型キッチン/注文住宅実例

LDK全体に合わせ、明るい木目調のシステムキッチンを採用。キッチンのカウンター部分は手元が見えないように高さを設け、リビングダイニングが見渡せるレイアウトに

充実したキッチン収納/注文住宅実例

キッチンの収納も充実させたいと考え、つり戸棚は圧迫感が出てしまうことから、背面スペースにパントリーをつくり、キッチン家電も置ける食器棚を設けてスッキリとまとまっている

回遊ができる動線を作っているリビング/注文住宅実例

家事動線にもこだわり、水まわりを一直線に配置。1階はリビング階段を中心に回遊できるようになっているので、朝の家事がグンとラクになったという

スーツケースとベビーカーもすっぽり収まるシューズインクローク

旅行好きなHさん夫妻。スーツケースやベビーカーを収納できるように玄関にシューズインクロークを設けた。引き戸を付けて開閉しやすく、来客時には閉じておけばスッキリとした空間に。オープン時は回遊も可能。玄関はドアを閉めると暗くなりがちだが、窓を設けて明るく通気性にも配慮した。

上げ下げ窓のある玄関/注文住宅実例

プロヴァンステイストに合わせた白色の窓枠の上げ下げ窓からたっぷりと採光でき、気持ちのいい玄関スペース

子どもが大きくなるまで、子ども部屋を主寝室として使用

「2階の子ども部屋は将来間仕切りできるようにドアを2つにしてシンメトリーのプランにしています。『子ども部屋を使うようになるまで10年くらい使わないのはもったいないですよ』と、建築会社の担当者からアドバイスをもらって、今はここを主寝室にしているのですが、広い空間を使えていいですね。ベランダがこの部屋にあるので、洗濯物も干しやすいです」

将来を考えて間仕切りのできる子ども部屋に/注文住宅実例

後から間仕切りできるようにシンメトリーにレイアウトし、ドアも2つ設けている子ども部屋。現在は主寝室として使用している。2部屋分の空間なので、ベビーベッドを置くスペースも十分だ

二面採光の部屋/注文住宅実例

ベッドの向かい側には妻のドレッサーを置いている。二面から採光が取れるので、明るい自然光の中メイクをすると気分も上がるそう

書斎はダークトーンの内装で遊び心をプラス

外観、内観共に白をベースに明るい色みで統一しているが、2階にある書斎は敢えてガラリと雰囲気を変えた。
「『プロヴァンステイストの建物の形状は立体的にした方がおしゃれですよ』と、担当者にアドバイスをもらってプランニングしていったら、ちょっとしたスペースができたので書斎をつくってもらいました。小さな空間ということもあるので、ここだけはダークトーンの内装にして遊びをプラスしています」

ダークトーンの書斎/注文住宅実例

書斎は夫のワークスペースとして使われている。窓からも明るい光が差し込み、小ぢんまりしたスペースながら居心地も抜群だ

イメージ通りの住まいと暮らしに大満足!

入居してまだ間もないというHさんに、住み心地についての感想を伺った。
「イメージしていたデザインやプランが実現して、出来上がった家を見たときはびっくりしたくらいです。とても気に入っています。賃貸マンションに住んでいたころは、家を出るまでにもエレベーターに乗ったりと時間がかかっていましたが、戸建ては地に足が着いている感じが安心感がありますね。また、実家との距離が近くなったことで、毎週末両親が遊びに来ています」

思い通りに仕上がったプロヴァンステイストの家での暮らしに大満足のHさん。明るい空間で、ゆったりと家族の時間を楽しんでいる。

取材・文/金井さとこ 写真/相馬ミナ

DATA

Hさんが建てた注文住宅の外観

土地面積 135
延床面積 約111㎡
建築費 1500万~2000万円
間取り 3LDK
世帯構成 夫(30代)、妻(20代)、長男(0歳)

Hさんが建てた注文住宅の間取り

スーモカウンターで受けたサービス
カウンター店舗 スーモカウンター丸の内店
紹介された建築会社数 6社
受けたサービス 個別相談