フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

ハウスメーカーや工務店は、土地探しもしてくれるの?メリット・デメリットは?

f:id:SUUMOCOUNTER:20190218171017j:plain

土地は1点モノなので、希望どおりの土地を探すのが難しい。ところが、注文住宅を建てる建築会社が土地探しをサポートしてくれることも!ここでは先輩たちの土地探し事情をデータとクチコミで紹介。さらに建築会社に依頼した成功事例も紹介していこう。

注文住宅を建てる「土地」、先輩たちはどうやって探した?

注文住宅を建てた先輩にアンケートを実施。もともと土地を所有していなかった人が、どのように土地を探したかを聞いたところ、TOP 5は下のグラフのような結果となった。

現代の家づくりの土地探しにおいては「ハウスメーカーや工務店に探してもらった」(40.4%)が主流のよう。2位・3位の「自分でネット検索して探した」(23.0%)、「不動産仲介に探してもらった」(15.5%)の合計よりも多い結果となっている。

f:id:SUUMOCOUNTER:20190218171327j:plain

家づくりの土地探しは「ハウスメーカーや工務店に探してもらった」人が4割以上(出典:リクルート住まいカンパニー「注文住宅3年以内建築者調査」2018年9月)

先輩たちに聞いた「土地探しで重視した点、苦労した点は?」

土地探しは条件を重視するあまり、苦労した人も多いよう。家づくりの先輩たちへのアンケートから「土地探しで重視した点、苦労した点」のコメントをピックアップしてみた。

●住んでいたアパートと学区が変わらないところ、かつ駅まで自転車で行ける範囲にこだわると、なかなか見つからなかった(千葉県・女性・36歳)

●生活環境がガラッと変わるのが嫌だったので、賃貸で暮らしていた前のところから近いところがよかったが、なかなか出てこなかった(京都府・女性・32歳)

●玄関の位置を東側か南側にしたくて、道路付けを重視して探した。気に入った土地がすぐに見つかったが、迷っているうちにほかの人に取られた(青森県・女性・38歳)

●土地と家を合わせていくら、と総予算を決めていたが、土地代をいくらまで出せば家に十分な予算が残せるのかわからなかった(兵庫県・女性・36歳)

 

このように、学区や住み慣れた環境が変わらないことを条件に土地探しをする人は多く、エリアが限定されることで希望の土地がなかなか見つからなかったという人も。

また、希望のプランにあった土地探し、土地と家の予算配分に悩んだ人も多かったが、これらは建築会社に土地探しから依頼することで解決したという人も多かったようだ。

土地と家の予算配分は、家づくりにおける大きな悩みどころとなることも(イラスト/てぶくろ星人)

実例紹介*土地探し、どうやって進めた?先輩の事例を見てみよう

土地探しの得意な建築会社に依頼した家族と、ネットを駆使して自分で探したという家族の、大満足な家を紹介しよう。

実例1:「土地探しに積極的な建築会社を紹介してもらった」

妻の父と同居することになり、一戸建てへの住み替えを決意したOさん。子どもが転校しなくていい立地で、通勤に便利なJRの駅の近く、というのが第一条件だった。

何千万円もする買い物だから、建築会社は複数の会社からじっくり選びたいと思い、スーモカウンターで相談。土地探しに強く、あたたかい家づくりが得意な建築会社を紹介してほしいと依頼し、土地探しにとても積極的な建築会社を紹介してもらえることになった。

その建築会社が理想的な土地をすぐに見つけてくれたことで、家づくりは順調にスタート。日当たりのよい土地にあたたかい家を建てることができ、真冬でも子どもたちは半袖で過ごしているという。

f:id:SUUMOCOUNTER:20190218172721j:plain

土地探しを親身になってサポートしてくれる建築会社と出合ったことで、初めての家づくりをスムーズに、楽しみながら進めることができた。(写真/竹内良太[札幌コマーシャルフォト])

この実例をもっと詳しく→
インテリアや書斎への憧れを楽しみながらかなえた家

実例2:「自社で土地を持っている会社に依頼」

駅から近い場所に家を建てたいと考えていたMさん。夫の会社までドアツードアで1時間以内の立地で、できれば車が2台置ける狭すぎない土地をと希望していたのだそう。

スーモカウンターを訪れた際、自社で土地を持っている会社なら仲介手数料がかからないと教えてもらい、自社で土地を持つ会社を5社ピックアップして紹介してもらった。

その後、土地条件と間取り提案を天秤に掛けつつ、最終的には、土地条件がより良かった会社にお願いすることに。おかげで完成した家の住み心地にはとても満足している。

f:id:SUUMOCOUNTER:20190218173123j:plain

土地条件の良さで建築会社を選び、完成した家にも大満足(写真/河原大輔)

この実例をもっと詳しく→
通勤しやすい駅近の土地でこだわりの住まいを実現

実例3:「1年ほどかけてネットで土地探し」

長男が大きくなるにつれて住んでいた賃貸アパートが手狭になることを見越し、家づくりを決心したUさん。「土地は1年ぐらいかけてネットで情報を集めまくり、その情報を夫に流して候補を絞っていきました」

見つかったのは、最寄駅から徒歩7、8分。駅前に大型スーパーあり。幼稚園、小学校、高速道路のインターチェンジが至近。夫の実家へは車で15分ほど。新幹線が好きな息子も喜んでいるそう。

完成した新居は広々とした6LDK+S。1階にはLDKと和洋室。2階には主寝室と洋室が二つ。子どもを見守りやすいリビングなど細部にもこだわって、子育てを楽しんでいる。

f:id:SUUMOCOUNTER:20190218173441j:plain

土地探しはおもにネット検索で情報収集をしたUさん。隣家と共有の私道がある土地に決めた(写真/おおたけひかる)

この実例をもっと詳しく→
子どもの成長を見越して、リビングには宿題用机も

土地探しは、その後の家づくりのプランにも予算にも影響する重要な第一歩。建築会社に依頼するにしても、自力で探すにしても、どんな家を建てたいのかといったビジョンをはっきりさせて探すことが満足につながる。家族でよく話し合い、納得のいく土地探しを。

<調査概要>

「注文住宅3年以内建築者調査」(リクルート住まいカンパニー調べ)
・調査協力:楽天インサイト
・調査実施:2018年9月
・調査方法:インターネット調査
・対象者:3年以内に注文住宅を建築した25歳~44歳の全国の男女
・有効回答数: 400名(うち、男性172名・女性228名)

取材・文/前川ミチコ