フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例を中心に、注文住宅のノウハウをご紹介します。

住宅の天井高の平均は?後悔しないために確認すべきメリットとデメリット

住宅の天井高の平均は?天井高を高くするメリットとデメリットも解説

注文住宅を建てる魅力の一つが、間取りを自由に決められること。部屋の数や広さはもちろん、天井の高さも自由に設定することができます。とは言うものの「そもそも平均的な天井高ってどれくらい?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2階建て住宅の標準的な天井高やマンションの天井高との違い、天井を高くするメリット・デメリットなどを、「間取りの方程式」の著者、一級建築士の飯塚豊さん(アイプラスアイ設計事務所代表)に教えていただきました。部屋ごとの天井高の目安や、天井高を決めるときに後悔しないポイントなどとあわせて紹介します。

目次

平均的な天井高は2m40cm 

普段の生活の中で天井高を気にする機会は多くありません。住宅の天井高の平均はどれくらいなのでしょうか?

一戸建て(2階建て)の天井高の平均

「一般的な戸建て住宅の場合、標準的な天井高は2m20cm~2m40cmです。建築基準法では、天井高が2m10cm以上あれば居室として使用できる決まりになっていますが、マンションでは2m40cmが多いです。一戸建て住宅は建物全体の高さにもよりますが、工務店では1階が2m40cm、2階は2m20cm~2m30cm前後が多くなっています」(飯塚豊さん、以下同)

リビングの写真

住宅の平均的な天井高は2m20cm~2m40 cmです(画像提供/PIXTA)

一戸建て住宅には、木造軸組工法や2×4工法、RC造などさまざまな工法・構造がありますが、工法・構造により天井高に制約はあるのでしょうか。

「工法・構造によって天井高に制限が生じることはほぼありません。ただ、構造体をあらわしにして天井を高くする場合は、工法は木造在来工法にほぼ限定されます。また、その場合は電気の配線スペースを別途確保するなどの工夫が必要です」

また、独自工法を採用しているハウスメーカーの場合、標準天井高が複数設定されていたり、オプションで低く・高くしたりできるケースもあります。例えば、A社は標準天井高が約2m70cmで、オプションにより最大約3m20cmまで高くすることが可能です。B社では、4つの標準天井高と2つのオプションから選べます。

「一戸建て住宅の設計時に、『天井はなるべく高くしたい』という要望をいただくことが多いのですが、どの空間も一律で高くすればよいという訳ではありません。建物全体の高さを考慮したうえで、高くする場所は思い切って高くし、低く抑える場所も設けるなど、天井高にメリハリをつけることが豊かな住空間をつくる秘訣と言えます」

吹き抜けのあるリビングの写真

吹抜けや勾配天井などで天井高にメリハリをつけると、空間に変化が生まれます(画像提供/PIXTA)

平均的な天井高の測り方

建築基準法では、居室の天井高は2m10cm以上と決められています。ここでいう天井高は、その部屋の「平均」であり、「最低」ではありません。天井に勾配がついている場合は、次の計算式で割り出します。

平均天井高=部屋の容積÷部屋の床面積

例えば平面が3m×4mの勾配天井の部屋で、天井の1番低い場所が2m、1番高い場所が2m70cmだった場合、平均天井高は2m35cmになります。

マンションの天井高の平均

メゾネットや吹抜けがない一般的なマンションの天井高は、2m40cm〜2m60cmが平均です。最近は天井高が2m70cmあるマンションも珍しくなくなってきています。

天井についてはこちらの記事でも紹介しています。

折り上げ天井についてもっと詳しく→
【実例あり】折り上げ天井のメリット・デメリット、気になるコストも紹介します!

下がり天井についてもっと詳しく→
下がり天井とは? メリット・デメリットと、上手な取り入れ方を紹介!

勾配天井についてもっと詳しく→
勾配天井のおしゃれな実例大公開!照明やシーリングファンの工夫ポイントも解説

化粧梁・あらわし梁についてもっと詳しく→
化粧梁・あらわし梁とは?メリット・デメリットや費用、おしゃれに見せるポイントを解説

天井が高いことによるメリット

住宅の平均的な天井高は2m20cm~2m40cmですが、これよりも天井を高くするメリットとデメリットはどのような点でしょうか。

開放感が得られる

「天井を高くする一番のメリットは、開放感が得られる点です。天井高が3m程度あれば、視界から天井が消えて圧迫感がなくなります。圧迫感がなくなると、実際よりも広く感じられる効果もあります。
とくに狭小住宅では、吹抜けを設けると室内を広く見せる効果が得られます。

日の光を取り入れられる

天井が高いと壁面積が増えるため、窓を大きく取る、窓の数を増やすなどしやすくなります。「天井が高いと、壁の高い位置に窓を設けることができます。太陽の光を効率よく部屋に取り入れたい場合、高い位置に窓(ハイサイドライト)を設けるとよいでしょう」

天井が高い部屋の写真

天井が高いと高窓を設けられます。窓を設ける方角によっては、太陽光が降り注ぐ明るい空間になるでしょう(画像提供/PIXTA)

通気しやすくなる

天井高を高くすると、窓の配置のバリエーションが増え、通気計画を立てやすくなるのもメリットです。高い位置の窓からは温められた空気を逃がしやすくなるためです。

インテリアにこだわれる

天井高が高くなると壁面が増えるため、背が高い家具や観葉植物などを置いても窮屈な印象を受けにくくなります。またシャンデリアやペンダントライト、シーリングファンなど、天井高が低いと圧迫感があるインテリアも設置できるなど、インテリアの幅が広がります。

収納量を増やせる

壁面収納を設ける場合、天井の高さを活かして収納量を増やすプランも検討できます。また高天井や勾配屋根にすることでロフトを設置できれば、広々とした収納空間を確保することも可能です。

天井が高いデメリットと後悔しないためにできる対策

天井を高くすることにはどのようなデメリットがあるのかを、後悔しないためにできる対策とあわせて紹介します。

コストがかかりやすい

天井を高くすると、内装・外装などの材料費に加え、施工の手間と時間がかかります。また場合によっては、構造材を標準のものから変更する必要がある場合もあり、建築コストが高くなる可能性があります。コストを抑えつつ天井が高い注文住宅を建てたい場合は、初めから天井高が高いプランを出している建築会社を選ぶのも方法の一つです。

部屋が温まりにくくなる

天井を高くするデメリットは、室内の体積が大きくなるため、部屋が温まりにくくなる点です。ただ、断熱性と気密性の高い住宅なら、エアコン1台で部屋を十分に暖かくできます。足元をより温めたい方は、床下エアコンや床暖房を採用するとよいでしょう。

照明交換や掃除が大変な場合もある

吹抜けにするなどして天井を高くした場合は、設置した照明を交換したり、シーリングファンや梁(はり)の上部などにたまったホコリを落としたりするのが難しいと感じるケースも多いようです。照明は長く交換が不要なLEDを選ぶ、柄が長く先が曲がる掃除グッズを用意するなど、あらかじめ備えておくとよいでしょう。

音が響きやすくなる

吹抜けのリビングで過ごしていると、残響音が気になるという方もいるようです。吹抜けを設けるなら、カーテンやカーペットを用いたりすることである程度防ぐことができます。

カーテンやロールスクリーンが特注になる可能性がある

天井の高さにあわせて掃き出し窓も高さのあるものにした場合、既製品のカーテンやロールスクリーンの種類が少なく、なかなか希望のデザインのものが見つからないことが多いようです。その結果、特注することになり、予算がオーバーしてしまったと後悔する人もいます。

はじめからコの字型やロの字型の家にするなど、カーテンをつけなくてもいい間取りを検討してもよいでしょう。

高さ制限や斜線制限にかかることも

天井を高くすると、建物全体の高さも高くなります。しかし土地はそれぞれ用途地域にあった高さが決められており、それを守らなければなりません。また家を建てるときも、隣接する家が十分日照を得られるよう配慮することも、法律で決められています。そのため希望の天井高にしたくても、できない場合があります。

天井が高い家を建てたい場合は、土地にどのような制限があるのか、また工夫次第で実現できるのかを建築会社に確認しておくとよいでしょう。

天井を高くしなくとも部屋を広く見せる方法

家を建てるときには、天井を高くしなくても、工夫次第で部屋を広く見せることは可能です。次のような方法を試してみるとよいでしょう。

掃き出し窓は天井まで高くする

窓が大きければ、空間の広がりが感じられて開放的になります。とくに掃き出し窓は、垂れ壁(天井から垂れ下がった壁)をつくらずに、天井の高さまでの大きなハイサッシタイプを選ぶとよいでしょう。さらにインナーバルコニーやデッキを設けると、室内空間とのつながりが感じられます。

壁や天井は白っぽい膨張色を選ぶ

壁や天井の色は、膨張色を選ぶことも、空間を広く見せるポイントです。膨張色とは、明度が高く明るく、ほかの色よりも膨らんだり広がったりして見える色のことです。限られた空間は、できるだけ白っぽく明るい色を選ぶと、空間を広く見せる効果を得られます。

背が低い家具を選ぶ

部屋を広く見せたいときには、できるだけ背が低い家具を選びましょう。背が高い家具が視線を遮り、部屋が狭く見えてしまうのを避けるためです。ソファやベッドはできるだけ脚が低いものを選んだり、ダイニングテーブルではなくソファダイニングにすると広さの印象が変わります。

天井が低いほうがいい場合もある

天井を高くすると、なんとなく落ち着かないと感じることもあります。例えば座ったり横になることで視線が低くなる和室や寝室は、広さにもよりますが、ある程度天井高を抑えたほうが、落ち着き感やくつろぎ感のある空間になるでしょう。

天井高が低めの和室の写真

天井を低くするなら、照明は天井に埋め込むタイプを用いるとよいでしょう(画像提供/PIXTA)

部屋ごとの最適な天井高

部屋ごとに最適な天井高と、考え方を飯塚さんに伺いました。

リビング

家族が長い時間を過ごし、来客を招き入れるスペースでもあるリビング。むやみに天井を低く抑えることは避けて、天井高を2m40cmは確保したいところです。

「大人が立ったときの目線の高さは約1m50cmなので、その倍の3m程度の天井高にすれば開放感がぐっとアップします。一部分を吹抜けや勾配天井にして、空間のボリュームに変化を出すのもよいでしょう」

ダイニング

ダイニングは、基本的にダイニングチェアに座り、テーブルを囲んで過ごす場所です。座ったときの目線が約1m10cmなので、その倍の2m20cmあれば低いとは感じません。

「リビングとダイニングを一体にするプランが多いのですが、その場合、リビングの天井は高くしてダイニングを低くするなど、部屋ごとに天井高を変えると緩やかに空間が区切られ、メリハリも生まれます」

リビングとダイニングの天井高のイラスト

リビングとダイニングを1つの空間にする場合、天井高を変えると緩やかに空間を区切ることができます(イラスト/長岡伸行)

キッチン

キッチンの天井高は、キッチンの高さと、つり戸棚やレンジフードの高さを考慮して決める必要があります。

「既製品のキッチンの高さは、JIS規格で80cm、85cm、90cm、95cmと定められていますが、85cmを選択するケースが多いですね。つり戸棚は60cm~80cm、レンジフードの高さは60cm程度が一般的で、手元の作業スペースも勘案すると天井高は2m30cm程度が望ましいでしょう。
キッチンに収納がたくさん欲しいという理由で、長いつり戸棚を設ける方がいます。しかし、高い位置は手が届きにくいためデッドスペースになりがちです。天井高はできるだけ低く抑え、つり戸棚も手が届く範囲に設けることをオススメします」

キッチンの天井高のイラスト

キッチンの高さやつり戸棚の長さなどを踏まえたうえで、天井高を決めましょう(イラスト/長岡伸行)

主寝室

就寝のための場所である主寝室は、リラックスできるように天井を低めに設定するケースが一般的です。

「ベッドの上で起きたときに頭をぶつけないためには、ベッドの高さにプラスして1mは必要です。勾配天井で低いほうを頭側にする場合でも、天井高は1m70cm程度確保したいですね」

寝室の天井高のイラスト

寝室を勾配天井にするときは、ベッドの高さを把握しておくことが大事です(イラスト/長岡伸行)

玄関

玄関の天井高は、玄関ドアのサイズを基準にして決めるケースが一般的です。既製品の玄関ドアの高さは2m20cm~2m30cm、玄関框の高さを20㎝とすると、2m40cm~2m50cm程度を確保すれば問題ないでしょう。

「玄関は長居する場所ではありませんし、温熱的な無駄を考えても、天井をむやみに高くする必要はないでしょう。むしろ低めに抑えて、居室の天井を高くしたほうが“広い家”と感じるはずです」

玄関の天井高のイラスト

さほど広くない玄関であれば、天井高は2m40cm程度あれば良いでしょう(イラスト/長岡伸行)

和室

床に座って過ごす和室は、天井を低く抑えやすい空間です。座ったときの目線の高さは90cmなので、4.5畳程度の広さであれば天井高は2m20cmあれば十分でしょう。

最近ではリビングの一角に畳コーナーや小上がりの和室を設けるのが人気です。リビングに隣接させて小上がりの和室を設ける場合、リビングと和室の天井高の兼ね合いも考慮しましょう。

小上がりの高さは40cm程度なので、リビングの天井高を2m40cmにすれば、小上がり部の天井高は2m。これが3畳程度の小規模な小上がりの天井高の一つの目安です。天井高2m40cmの広いリビングの部分的なコーナーであれば、平均天井高は2m10cm以上にできるので建築基準法上も問題ありません。

小上がりの畳コーナーを設けたリビングの写真

小上がりの和室にする場合、隣接する空間の天井高との兼ね合いも考えましょう(画像/PIXTA)

ここまで、部屋ごとに天井高の決め方と目安をご紹介しましたが、飯塚さんは「天井高は居室ごとに分けて考えず、家全体で考えるべき」とお話されます。

「天井高は、家の広さに対する印象を左右します。例えば、玄関と廊下は低く抑え、リビングやダイニングを高くすると、家をより広く感じさせることができます。また、人間は体積で広さを感じるので、床面積があまりとれない部屋は、天井高を上げて空間体積を大きくすると広く感じさせることも可能です。

さらに、天井高は人間の心理にも作用します。開放感を味わいたい空間は高く、リラックスしたい空間は低くするなど、どのように過ごしたいかという目的に応じて決めることが重要です。

家の広さへの印象に与える効果と、人間の心理に与える効果を考えると、どの空間も同じ天井高にすることは避けるべきです。この2つの効果を踏まえたうえで天井高にメリハリをつけたプランをつくり、家族も来客も居心地がよいと感じる住まいを実現してください」

取材協力/飯塚 豊さん

一級建築士。i+i設計事務所代表。暮らしが愉しくなる間取り、高い居住性能、オリジナリティあふれるデザインを三位一体でまとめ上げる設計手法に定評がある。著書に『間取りの方程式』『新米建築士の教科書』など。

天井の高さについてはこちらの記事でも紹介しています

天井高についてもっと詳しく→ 広くて天井が高く開放的なLDKと 便利な水まわり動線をかなえた家

開放感のある家についてもっと詳しく→ 開放感のある家を建てるには? 間取りや内装・インテリアのポイントを紹介!

スーモカウンターでできること

せっかく注文住宅を建てるなら、家族全員が居心地よく感じる住まいをつくりたいものです。そのためには、自分たちのライフスタイルや好みを的確に汲み取り、設計に反映してくれる依頼先を選ぶことがとても重要になります。

スーモカウンターでは、新居でどのような暮らしを送りたいか、間取りや広さに対する要望などを聞いたうえで、それらを実現してくれそうな依頼先を紹介しています。ここからは、スーモカウンターから紹介された依頼先と一緒に、希望どおりの家を建てた2つの実例をご紹介しましょう。

【実例1】おしゃれなだけでなく、今も未来も快適に暮らせる家

広いLDK+小上がりの和室でくつろぐSさんのご家族。リビングには吹抜けを設けて、小上がりの和室の天井高を抑えることで、広いながらもメリハリのある空間を実現しています(写真/河原大輔)

Sさんは「生活感のないおしゃれな家をつくりたい、でも暮らしやすくないとダメ」をテーマに家づくりを始めました。スーモカウンターから希望する立地やスタイルに合う3社を紹介してもらった後、その3社に対して自分たちの要望をまとめた“プレゼン”を行いました。

「ここで『面倒な客だな』と思われるようならそこはやめておこうと思って。『楽しい家づくりができそうですね』『こういうとんがった家は暮らしにくいですよ』など、各社の営業担当者の反応はさまざまでした」。プレゼン後、営業担当者の対応力や、自分たちが希望する家づくりができそうかなどを見て1社に決定しました。

理学療法士の妻は、家はおしゃれなだけでなく「年をとっても安全で快適に暮らせる場所」でありたいと考え、公道から玄関まで階段をつくらずに済む土地を探し、1階だけでも生活できる間取りに。また、現在は育児休職中ですが仕事に復帰するときのために、家事が楽になる工夫を採り入れました。

インテリアは、インスタグラムで見つけた最新のおしゃれな実例を参考にして、好みにあうものを採用。家づくりを思い立ってから約1年で、理想の住まいと暮らしを手に入れました。

この実例をもっと詳しく→
デザイン性は当然重視!その上で、ずっと先まで暮らしやすい家に

【実例2】ハードルの高かった「二世帯+平屋」を実現した住まい

夢だったアメリカンハウスをイメージした新居は、首都圏ではぜいたくなフラットハウス。リビングは勾配天井にして、空間に拡がりと開放感を与えています(写真/山出高士)

そろそろ家を購入したいと考えはじめたOさんは、妻の両親との同居も視野に入れてインターネットで住まい探しを始めました。遊びに出かけた場所で見つけたスーモカウンターに相談して5~6社を紹介してもらい、すべての会社を見て回った後、予算内でも相談に乗ってくれそうな2社に絞りました。

「2社から1社に決めた理由は、平屋というこだわりを理解してくれたからです。その他にも、勾配天井にしたいとか、洗面所に実験用シンクを使いたいとか、いろいろな私たちの要望に応えてくれた会社でした」

家づくりを予算内で収めるために、プロに任せることとOさん自身がDIYでできることを分けたそう。外壁の素材や色、リビングのサッシなどは多少予算がかかっても採用し、庭のウッドデッキや、キッチンと玄関の収納棚はOさん自身がつくりました。

「平屋の家で二世帯住宅」というこだわりは、スーモカウンターに足を運んだために実現したと話されるOさん。親世帯とはドア1つでつながっているので、子どもが成長して走り回るようになっても、親世帯・子世帯両方の目が届き安心。平屋ならではのメリットを思いきり満喫できるライフスタイルを送られています。

この実例をもっと詳しく→
「平屋の家で二世帯住宅」をかなえるために、DIYを採り入れて上手にコストダウン

【実例3】スキップフロアのような構造にして部屋数と開放感を確保

Sさん宅の注文住宅実例

リビング部分だけ天井を少し高くした「ハーフ吹抜け」により視界が広がり、開放感のある空間に(写真/杉浦幹雄)

Sさん夫妻は、妻の弟が建てた一戸建てを見てマイホームづくりを決心。建売住宅の見学や資料請求により情報が集まり過ぎて迷ってしまい、スーモカウンターを訪問。

スーモカウンターで紹介された4社と、電話営業を受けた1社を比較検討。最終的に間取りの提案が面白く、「どこか特別なところのある家」を建ててくれそうな会社を選びました。

間取りは、部屋ごとに天井高を変える、スキップフロアのような構造を採用、中2階に書斎、小屋裏にはシアタールームを設けました。また、リビングの上の主寝室の天井高を少し低くし、その分リビングの天井高を広げることで、部屋数を減らすことなくリビングの開放感がアップ。Sさん夫妻は、暮らしやすくて楽しい間取りの住まいをつくれてとても満足しているそうです。

この実例をもっと詳しく→
ハーフ吹抜けやシアタールームなど「特別なところのある家」に

【実例4】憧れていたデザインやアイテムを取り入れたカフェ風の住まい

Iさん宅の注文住宅実例

リビングに設けた勾配天井が、広々としたLDKをさらに広く見せている。窓際には天井高を活かして、夫のトレーニング用の雲梯を取り付けた(写真/河原大輔)

離れた土地でひとり暮らしている夫の母が、いつでも来られる場所をつくってあげたいと家を建てようと決心したIさん夫妻。資金計画について不安もあったことから、スーモカウンターへ行って話を聞いてみることにしたそう。

スーモカウンターで、今の家賃支払額をベースに資金計画のシミュレーションをしてもらったうえで、好みも価格帯も条件に合致する4社の提案を受けました。その中の1社の担当者がフレンドリーで話しやすく、疑問にも丁寧に応えてくれたため、信頼できると思い契約を決めました。

新居は、憧れていたアーチデザインやステンドグラスを取り入れた、明るくてぬくもりを感じるカフェ風のテイスト。2階リビングには、シミュレーション画像を見ながら選んだ勾配天井を取り入れました。ステンドグラスなど自分たちで購入したものも取り付けてもらい、ご夫妻のお気に入りの住まいが完成しました。

この実例をもっと詳しく→
テーマは「ぬくもりを感じる居心地の良いカフェ風の住まい」

スーモカウンターでは、要望に合う依頼先をご紹介するに、土地が無い、家づくりの進め方がわからないという悩みにも対応してくれます。自分たちのこだわりが詰まった家を建てたい人は、スーモカウンターを上手に活用して会社選びを進めるのもよいでしょう。

取材・文/山南アオ