フリーコール
0120-070-091
携帯・PHSからも通話料無料
9:00〜21:00
毎日受付

スーモカウンター注文住宅のサービスをご利用いただいて建てたお住まいの
実例や注文住宅のノウハウをご紹介します。

憧れの書斎・ワークスペースで、大人のおこもり空間!

f:id:SUUMOCOUNTER:20190821103553j:plain

せっかく住まいを建てるのであれば「自分だけの書斎が欲しい」「小さくてもワークスペースが欲しい」と願う人は多いことだろう。そんな憧れも注文住宅なら自由自在。リビングの脇に、小屋裏に、収納の奥に書斎・ワークスペースを設けた5つの実例を紹介しよう。

目次

【実例1】まさかそこに? 隠れ家のような書斎がある家

f:id:SUUMOCOUNTER:20190820152552j:plain

キッチン奥の隠し扉の向こうが書斎

キッチンの左に設けられた鏡が書斎の入口となっている(写真:古石真由弥)

リビングに書斎/ワークスペースを隣接させていても、「一見、気がつかない」工夫がされている住まいもある。岡山市のIさん宅では、アイランドキッチンの壁にある鏡が書斎の入口だ。

「そこに部屋があるとはわからないような造りにしたかった」と話すIさん。注文住宅であれば、こうした遊び心あふれる隠れ家にするのも楽しそう。独立した書斎はどこかおこもり感があり、仕事や作業にもぴったりだ。

もともと、家を建てるなら注文住宅をと考えていたIさん夫妻。スーモカウンターで相談したところ、5社を紹介されたが、「予算重視」だったためか、よい会社と出会えず。もう一度、自分たちが大切にしたい価値観を整理、「予算についての優先順位は少し下げても、自分たちが納得できる家づくり」とお願いしたところ、今回、依頼した建築会社と出会えた。

コスト重視でもなく、生活感のないデザイナーズ住宅でもなく、「ちょっとだけおしゃれで暮らしやすい」が自分たちの欲しい家だと気がついたIさん夫妻。動線や設備にもこだわり、世界に一つだけのわが家が完成した。

この実例をもっと詳しく→
予算と暮らしやすさ、こだわりデザインまで、新たな出会いで実現!

【実例2】扉の奥にはPCを設置。来客時には閉めることも可能に

f:id:SUUMOCOUNTER:20190820152939j:plain

リビングの一角に書斎スペース

写真左:リビングの一角に書斎スペースをもうけた。写真右:引き戸を閉めると書斎スペースが隠れる(写真:古石真由弥)

書斎・ワークスペースに必要なのは広さではなく「工夫」、と教えてくれるのがNさんの事例だ。家族が集まるリビングは天井をできるだけ高くして梁(はり)を見せているが、そのコーナーの一角に造作のデスクをつくった。そこにパソコンや書類などがおける棚を設置し、「書斎スペース」としている。

デスクがあるのはわずか半畳程度だが、ダークなアクセントクロスを採用していることもあって、集中して作業できるに違いない。また、リビングには何かと家族の書類など「モノ」が集まってきてしまうが、これなら違和感なく置くことができ、「ファミリー収納」としての役割も果たしている。

また、引き戸と組み合わせているので、来客時などには「さっと隠せる」のもポイント。独立した部屋でなくとも、「自分の空間が欲しい」と考える人にとってはお手本にしたいワークスペースだ。

この実例をもっと詳しく→
増えていく見積もりに対する不信感にサヨウナラ。スーモカウンターで新たな出会い

【実例3】壁一面を本棚に。通風・採光に配慮し仕事も快適

壁一面の本棚

壁一面を本棚にした書斎(写真:菊田香太郎)

1フロアの面積が限られる分だけ、間取りを工夫したいのが3階建てだ。Oさんはそんな3階建ての3階部分に書斎をつくった。夫が大学教授という仕事柄、自宅に書斎は必須だったため、壁一面を造り付けの本棚とし、ホコリがたまらないよう扉付きとした。

限られた床面積を有効活用できるよう、できるだけ壁を減らして扉はすべて引き戸に。3階は書斎と洋室が廊下でつながり、両方の窓を開けると風が抜けるなど、通風にもひと工夫。そのためか、家のどこにいても空気が循環して、温度が一定しているそう。

家づくりで大事にしたのは、「夏は風が通り、冬はヒンヤリしない家」。一年中、快適で冷えを感じない住まいがいいと考えていた。その希望を伝えたところ、スーモカウンターで紹介されたのは高気密・高断熱を得意とする会社。完成した住まいでは、寒い冬に帰宅しても寒さを感じることがないという。快適な書斎で、時間を忘れて仕事・研究に没頭できそうだ。

この実例をもっと詳しく→
冬暖かく夏涼しい、快適&長く安心して住める家

【実例4】小屋裏を夫の書斎に。秘密基地のようで楽しい!

屋根裏収納を書斎に

7.7畳ある屋根裏部屋を夫の書斎に(写真:和田真典)

リビング・ダイニングの隣は家族の気配が気になって落ち着かない、個別の部屋にするには広さが足りないというのであれば、屋根裏部屋に書斎をつくる手もある。Nさんの書斎は、7.7畳ある屋根裏部屋だ。窓を2方面につけたので明るく風通しもよいほか、照明や階段、電源なども設け、大人がこもっていても楽しい「秘密基地」になっている。

もともと、屋上と畳のある暮らしを希望していたNさん。近隣は低層の住宅地が広がるエリアなため、「屋上」は見晴らしがよく開放感がいっぱいだ。反対に、この屋根裏部屋はこじんまりしていて心地よい。ハシゴではなく、階段としているので上り下りもラクだ。

子どもがいる家庭であれば、子どもにさわられたくないもの、大切なものなどをしまっておくのにもちょうどいいスペースといえるだろう。夏の暑さ、冬の寒さが気になる人は冷暖房をつけてもよさそうだ。

この実例をもっと詳しく→
憧れの屋上となじみある畳と家族の笑顔がある家

【実例5】大好きなフィギュアをディスプレイ。今は物置でもいつかは書斎に

書斎スペースを確保

壁に埋め込まれた飾り棚にフィギュアディスプレイ。その奥のスペースは、いつの日か書斎になる予定(写真:瀧知子)

家づくりは理想と現実、予算とで折り合いをつけていく作業でもある。現実重視派のWさんは、書斎は今すぐつくらなくても、将来的につくる方向にシフトした。

「実は前から屋根裏部屋にあこがれていたんですが、早々に諦めたんです。これは設計担当者に『夏暑くて冬寒い、実際に住み始めるとほとんど使わないよ』と言われたから」とWさん。

見た目や憧れで家づくりをするのではなく、自分たちの生活に必要かで判断すると、屋根裏部屋だけでなく、吹抜け、天窓、スキップフロア、書斎などは必要ないという結論に。ただ、書斎だけは、ウォークインクローゼットの奥に「つくる余地」を残しておいたのだとか。今は物置となっているが、将来、机や棚、PCなどを置くことで書斎とすることができる。

建物完成時にすべての部屋が仕上がっているのもいいが、Wさんのようにスペースに余裕をもたせておき、家族や生活の変化に応じて、空間を変化させていくのも住まい方の楽しみといえそうだ。

この実例をもっと詳しく→
憧れより現実!妻の母と暮らす共働き夫婦の二世帯住宅

文/嘉屋恭子